« Panasonic:電子レンジ「NE-FL222」(NE-FL222-K) | トップページ | 東芝:オーブンレンジ「ER-W16」(ER-W16-W) »

東芝:過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム ER-WD80」(ER-WD80-K)

東芝ライフスタイルは、過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」の新機種として、庫内容量26Lのミドル機種「ER-WD80」をラインナップ。

間口39.7cmのワイドな庫内と、ヒーターの露出がなく丸みを帯びた天井を採用した、過熱水蒸気オーブンレンジ。

また、お手入れも簡単なフラット庫内に加えて、新機種では汚れをはじく撥水/撥油性のあるセラミックコーティング「庫内よごれプロテクト」を新採用。油の飛び跳ね汚れも、一拭きで取れるので、お手入れがよりラクになります。加えて、スチームで汚れを浮かせて落としやすくする「手間なしお手入れ」コースも搭載され、さらにお手入れがしやすくなってます。

操作パネルを扉横に新たに配置したのも特徴。従来機種のようなかがんで操作することがなくなり、ホワイトバックライト液晶で文字が見やすくなっています。さらに、ダイヤルも採用したことで操作がよりラクに。ハンドルは視線を邪魔しないように改善されています。

レンジ用赤外線センサーは、庫内の側面から上面へと配置。これにより、食材を入れた容器の影響を受けにくくなり、食材の表面温度を高精度に検知できるため、より上手にあたためることができます。

新開発の角皿が付属。フラット形状になって容器や型が傾かなくなり、周囲に溝があるので余分な油が溝にたまり、ヘルシーに仕上げます。ヘルシーな献立作りをサポートする和食メニューも6レシピ搭載されています。

このほか、グリル出力が従来の800Wから1,100Wへ向上し、焼き魚も高温でパリッと仕上げることが可能。

サイズは480×390×350mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約17kg。加熱方式は上下ヒーター加熱。レンジ出力は1,000W、600W/500W、200W/100W相当。オーブン温度設定範囲は10~250度、発酵は30・35・40・45度。レシピ数は142、自動メニュー数は99。消費電力は1,430W、年間消費電力量は69.2kWh/年。本体色はブラック。


下位機種として、和食メニュー5レシピの角皿式スチームオーブンレンジ「ER-WD70」もラインナップ。

▼ 購入はコチラで
東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-WD80-K

東芝 スチームオーブンレンジ ER-WD70-K/W

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/12089

Amazonの人気商品