« Panasonic: IoT対応IHジャー炊飯器 「ライス&クッカー SR-UNX101-W」 | トップページ | Panasonic:IoT対応オーブンレンジ「ビストロ NE-UBS5A」(NE-UBS5A-W) »

Panasonic:ホームベーカリー「ビストロ SD-MDX4」(SD-MDX4-K)

パナソニックは、ホームベーカリー「ビストロ」の新機種として、プロの技法を取り入れた独自技術を搭載した「SD-MDX4」をラインナップ。

B097RFQCF4

パンづくりの「ねり」「発酵」「焼成」の工程のうち、「ねり」と「発酵」に独自技術「3D匠ねり」と「Wセンシング発酵」を搭載した、1斤タイプのホームベーカリー。


「3D匠ねり」は、パンケースの突起(リブ)とパン羽根の新設計と、新たなプログラムを組み合わせることで、生地を「たたく」「伸ばす」を3次元でおこなうプロの技法を再現。これにより、適切に生地をねることで、しっかりと生地が伸びて膨らみやすくなります。

「Wセンシング発酵」は、2つのセンサーで室温と庫内の温度を検知し、季節や運転時の室温の変化によってイーストの投入タイミングやプログラムも自動で調整。これらにより、一年中安定した焼き上がりのパンをつくることが可能という。

また、生食パンづくりに適した「リッチ パン・ド・ミ」メニューを新搭載。従来の「パン・ド・ミ」メニューよりも、「ねり」と「ねかし」の工程を増やし、「ねかし」の工程では粉と水の結合を促してしっとりとした生地に、さらに「発酵」の工程では、細やかな温度調整と最適なガス抜きをすることで、きめ細やかな仕上がりを実現します。

このほか、「低糖質パン」メニューを新搭載し、新たに日清フーズが監修した「低糖質パンミックス SD-LCM10」を使うことで、糖質約60%オフを実現。

サイズは約26.3×35.6×35.3cm(幅×奥行×高さ)、重量は約6.0kg。電源コード長は約1.0m。メニュー数は43種類、インバーターモーター、消費電力は430W。本体色はブラック(-K)。レシピブックが付属。


B097RFZ2C7 B097RFV98Z

ホームベーカリーの新機種として、メニュー数が41種類の「SD-MT4」、「リッチ パン・ド・ミ」メニューや「低糖質パン」メニューを省いた「SD-SB4」も発売中。

▼ 購入はコチラで
  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/12085