« Panasonic:ノンフロン冷凍冷蔵庫「NR-C371GN/GNL」「NR-C371N/NL」「NR-C341GC/GCL」「NR-C341C/CL」 | トップページ | 三菱:6ドア冷凍冷蔵庫「置けるスマート大容量 MXシリーズ」(MR-MX57F/MR-MX50F/MR-MX46F) »

東芝:5ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA GZシリーズ」(GR-S500GZ/ GR-S470GZ)【4月発売予約】

東芝ライフスタイルは、5ドアの冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」の新機種として、内容積501Lの「GR-S500GZ(右開き)/GR-S500GZL(左開き)」と、465Lの「GR-S470GZ(右開き)/GR-S470GZL(左開き)」をラインナップ。

東芝 5ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA GZシリーズ

凍らせずに肉10日保存できる「氷結晶チルド」を新たに搭載した、片開きタイプの5ドア冷凍冷蔵庫。

新開発の「氷結晶チルド」は、独自のツイン冷却技術と温度コントロールにより、食材の表面に薄い氷の膜を生成する「氷結晶コーティング」を実現。この氷の膜が菌の繁殖や酵素の活動を抑えることができ、冷凍しなくてもお肉が最長で約10日間、刺身が約7日間の長期保存が可能。同社によれば「購入時より食材の旨み成分を高めることができる」という。

また、食材を凍らせないため、冷凍と比べておいしさを損なわず、解凍の手間もありません。さらに、LED除菌や、新搭載の除菌脱臭装置「Ag+セラミック光触媒」によって清潔に食材を保存が可能。

冷蔵室のドアにUSBポートを搭載しており、スマートフォンの充電が可能。キッチンでスマホのバッテリを気にすることなくレシピサイトや料理動画の視聴ができるほか、USB電源で駆動する小物家電も使用できます。

無線LANも内蔵。同社が提供するスマートフォン専用アプリ「IoLIFE」を使えば、冷蔵庫の運転状況の確認や機能設定操作などの従来の機能に加えて、扉の開閉状況を設定条件によって通知する「みまもり機能」や、庫内の食材の管理を効率的に行える「食材管理機能」が利用できる予定です。「みまもり」機能は2020年春以降、「食材管理」機能は2020年夏以降に順次追加されます。

「GR-S500GZ/GZL」のサイズは600×745×1,833mm(幅×奥行×高さ)。

「GR-S470GZ/GZL」のサイズは600×704×1,833mm(同)。

本体色はアッシュグレージュ(ZH)、クリアグレインホワイト(UW)、ラピスアイボリー(ZC)の3色をそれぞれに用意。


東芝 6ドアの冷凍冷蔵庫 VEGETA FZシリーズ

また、GZシリーズと同じ機能を搭載した、フレンチドア(両開き)タイプの6ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA FZシリーズ」も同時発売。内容積601Lの「GR-S600FZ」、551Lの「GR-S550FZ」、508Lの「GR-S510FZ」、461Lの「GR-S460FZ」をラインナップ。

「GR-S600FZ」のサイズは685×745×1,833mm(同)。

「GR-S550FZ」のサイズは685×699×1,833mm(同)。

「GR-S510FZ」のサイズは650×699×1,833mm(同)。

「GR-S460FZ」のサイズは650×649×1,833mm(同)。

▼ 購入はコチラで
東芝 5ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA GZシリーズ 501L GR-S500GZ/GZL
東芝 5ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA GZシリーズ 465L GR-S470GZ/GZL

東芝 6ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA FZシリーズ 601L GR-S600FZ
東芝 6ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA FZシリーズ 551L GR-S550FZ
東芝 6ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA FZシリーズ 508L GR-S510FZ
東芝 6ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA FZシリーズ 461L GR-S460FZ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/11417

Amazonの人気商品