« Panasonic:ロボット掃除機「RULO MC-RS520」(MC-RS520-N/MC-RS520-K) | トップページ | Electrolux:ロボット掃除機「PUREi9.2」(PI92-6DGM) »

ECOVACS:ロボット掃除機「DEEBOT OZMO 950」( DX9G)

エコバックスジャパンは、ロボット掃除機「DEEBOT(ディーボット)」シリーズの新機種として、水拭きもする「OZMO(オズモ) 950」をラインナップ。

B07VHG2RZM

電動ウォーターポンプとタンクを搭載した「OZMOモップシステム」により、モップ掛けと吸引掃除を同時に行うことができるロボット掃除機。

また、本体の厚さが9.3cmと、同社のロボット掃除機の中では初の薄型デザインを採用。このコンパクトな設計により、ベッド下などの狭いスペースにも入り込んで、今まで以上に広い範囲を清掃することができます。

モーターは、毎分20,000回転の集じん率を持つ日本製ブラシレスモーターを採用。あらゆる種類の微細ダストを逃がさずパワフルに吸引しながら、消費電力は通常のブラシモーターの約1/3と省エネ。

運転モードは、吸引力が600Paの標準モード、1,200PaのMaxモードに加え、新たに最大1,500Paの強力な吸引力を持つMax+モードを搭載。非常に強力な吸引力が必要となる場合には、Max+モードに設定することで、徹底的に清掃できます。加えて、ロボット掃除機内の空気排出ダクトを改良したことで、清掃能力が従来製品より20%向上したほか、同時に業界最高レベルの静音性を実現。

さらに、最新のサスペンションと最適化されたブラシ設計により、最大4mmの溝のゴミも掃き掃除が可能。改良された車輪により、最大2cmの障害物も乗り越えることができ、敷居などに妨げられることなく、家中隅々まで清掃します。

清掃機能では、同社の特許技術であるレーザーマッピングとナビゲーションテクノロジー「Smart Navi 3.0」を搭載。部屋の間取をレーザースキャンしてスマートフォン専用アプリ「ECOVACS」上にマップを作成し、最適な経路で隅々まで清掃を行います。

アプリではこのほか、複数階のマップを作成して保存できたり、作成したマップ上で特定のスポットだけを重点的に掃除させるカスタム設定も可能。バーチャルボーダーを作成することで、特定のエリアを清掃しないように制限もできます。タイマー設定、現在の清掃状態の確認なども行えます。吸引だけでなく、モップ掛けにも新たに対応。

スマートスピーカーの「Amazon Echo」や「Google Home」とも連携し、清掃を開始するタイミングと清掃方法を設定することができます。


ゴミの吸引と水拭きを同時に行える「OZMOモップシステム」では、床面に付着している細菌を99.26%除去が可能。また、電子制御の水量調整ポンプと安全のための水量検出センサーを搭載し、アプリで水量を4段階に調節できます。

カーペット自動認識も備え、水拭き清掃時にカーペットを瞬時に検出して回避し、吸引清掃のみの時はカーペット上で吸引力を高めるなど、最適な動作をロボット掃除機が自動で選択します。

本体には5,200mAhの大容量バッテリを搭載。1回の充電で200分の連続運転が可能となり、300平方m以上の部屋を掃除できるようになりました。バッテリの残量が少なくなると、自動的に充電台に戻り充電を開始する「自動充電」に対応。「自動再開機能」により、充電が終わると、元の場所に戻って清掃を再開します。充電時間は約5時間。

サイズは350×93mm(直径×高さ)、重量は3.6kg。ダストボックス容量は430ml、水タンク容量は240ml。動作音は55dB。消費電力は25W。本体色はブラック(マット仕上げ)。充電ドック (1台)、サイドブラシ(4本)、差し替え用ダイレクト吸引口(1個)、クリーニングモップ(1枚)、使い捨てクリーニングモップ(5枚)、モッププレート(1個)、高性能フィルター(1組)、メンテナンスツール(1個)が付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/11337

Amazonの人気商品