« 東芝:501Lの5ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA GR-R500GW/GR-R500GWL」 | トップページ | サンコー:自動販売機型保冷庫「俺の自販機」(SCSMVMFH) »

東芝:363Lの3ドア冷凍冷蔵庫「VEGETA GR-R36SXV/GR-R36SXVL」

東芝ライフスタイルは、省スペースでも設置機できるスリムな片開きタイプの冷凍冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」シリーズの新機種として、定格内容積363Lの「GR-R36SXV」(右開き)/「GR-R36SXVL」(左開き)をラインナップ。

東芝 3ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA 363L GR-R36SXV-EW/ZC

「うるおいラップ野菜室」や「速鮮チルドモード」など搭載し、幅わずか約60cmで省スペースでも置けるスリムデザインの3ドア冷凍冷蔵庫。

野菜室と冷凍室を仕切って野菜室の密閉性を高めて、庫内の水分を閉じ込め、高湿度な環境に保つ「うるおいラップ野菜室」を採用。冷凍室からの温度影響も遮断し、安定した低温をキープするほか、野菜に直接冷気が当たらない間接冷却により、ラップ無しでも乾燥を抑えることができ、野菜の鮮度とおいしさが長続きします。フタを外し、穴から野菜くずや泥を落とせる「おそうじ口」も備えます。

また、冷蔵室にあるチルドルームに「切替えチルド」を搭載し、通常のチルドに加え、2つのファンで低温の冷気を送り込んでスピード冷却し、肉・魚を新鮮保存できる「速鮮チルドモード」と、約1時間で約-3度まで急速解凍する「解凍モード」を、用途に応じて切り替えることができます。

さらに、製氷室にいつでもたっぷりの氷が作れる自動製氷機能や約1時間で1回分の氷ができる「一気製氷」、冷凍室に鮮度を逃さず一気にフリージングする「一気冷凍」や霜取リ前にあらかじめ温度を下げ、霜取リ中の温度上昇を抑える「オートパワフル冷凍(プレクール)」など搭載。

このほか、自動で節電を行う「ecoモード」やecoモード通常運転よりも約10%節電する「ecoモード節電機能」、銀イオンと低温触媒により庫内を除菌・脱臭する「Ag低温触媒除菌・脱臭」、ドアが約1分以上開いていたり、半ドアの状態が続いたりするとアラームが鳴る「半ドアアラーム」なども備えています。

サイズは、600×672×1,734mm(幅×奥行×高さ)、重量は75kg。年間消費電力量は349kWh/年で、年間電気代目安は9,430円となってます。本体色はグランホワイト、ラピスアイボリーの2色。

下位機種として、「切替えチルド」を省いた定格内容積363Lの「GR-R36S」(右開きのみ)と、定格内容積330Lの「GR-R33S」(右開きのみ)も発売中。それぞれ本体色はシルバー、グレインホワイトの2色。

▼ 購入はコチラで
東芝 3ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA 363L GR-R36SXV/L-EW/ZC
東芝 3ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA 363L GR-R36S-S/WT
東芝 3ドア冷凍冷蔵庫 VEGETA 363L GR-R33S-S/WT

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/11200

Amazonの人気商品