« タイガー魔法瓶:コーヒーメーカー「ADC-A060」(ADC-A060-TD /ADC-A060-AC) | トップページ | Russell Hobbs:コーヒーメーカー「ベーシックドリップ 7620JP」 »

象印:全自動コーヒーメーカー「珈琲通 EC-RS40型」(EC-RS40-BA)

象印マホービンは、豆の挽きからドリップまで全自動のコーヒーメーカー「珈琲通」の新機種として、利便性がさらに向上した「EC-RS40型」をラインナップ。

B07GSLKGGD

繰り返し洗って使用できる「ステンレスメッシュフィルター」や、お手入れがしやすい「ミルクリーン構造&ミルケース丸洗い」など、利便性を追求した全自動コーヒーメーカー。


また、ヒーターをマイコンで制御し、お湯の通り道を予熱してから、コーヒーの抽出に使用する水を95度の高温で2回加熱して抽出する「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」を搭載し、コーヒーのコクと香りを最大限引き出します。加えて、マイコン制御で約20秒間の蒸らし時間を確保する「マイコンじっくり蒸らし抽出」機能も備え、蒸らし中は自動で抽出口を閉じ、効果を高めます。

さらに、コーヒー抽出前にキー選択するコーヒーの濃さ(普通/濃い)2種と、ミルケースの出口に取り付ける挽き分けフィルター(粗挽き/中細挽き)2種、それぞれの組み合わせによって、合計4通りの味わいが楽しめます。4通りの特徴と適したコーヒー豆は、京都に本社を構える老舗・小川珈琲に所属するコーヒーのスペシャリストに評価・提案されたという。


抽出したコーヒーは、ヒーターを使用せずにまほうびん構造の「ステンレスサーバー」で保温するので、煮詰まらず、コーヒー本来の味わいが長持ちします。ステンレスサーバーは約6.5cmと広口でお手入れがしやすく、保温時に電気を使わないので省エネです。また、ステンレスサーバー以外にも、普段使用しているステンレスマグやコーヒーカップなどに直接抽出することも可能。必要な分だけ抽出できるので、いつでも気軽にドリップコーヒーを味わえます。

このほか、ステンレスメッシュフィルター以外に市販の紙フィルターも使用することができ、軽やかな口当たりとスッキリとした味わいになります。給水やお手入れが簡単な「はずせる水タンク」、熱を逃がさない「断熱スイングバスケット」、 カルキを除いてコーヒー豆本来のおいしさを引き出す「浄水カートリッジ」も採用。

サイズは24×25×37.5cm(幅×奥行×高さ)、重量は約4.4kg。電源コード長は約1.3m。容量は、コーヒーメーカー部が540ml(コーヒーカップ約4杯分)、ミル部が30g。消費電力は、コーヒーメーカー部が650W、ミル部が90W。本体色はブラック(-BA)。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/11113

Amazonの人気商品