« Panasonic:ロボット掃除機「RULO mini MC-RSC10」(MC-RSC10-W) | トップページ | Panasonic:ハンディ・スティック掃除機「MC-SBU1F」(MC-SBU1F-H/MC-SBU1F-G/MC-SBU1F-R) »

Panasonic:床拭きロボット掃除機「Rollan MC-RM10」(MC-RM10-W)

パナソニックは、床拭きロボット掃除機「Rollan(ローラン) MC-RM10」をラインナップ。

B07MJFSVPL

拭き取り部に回転式ローラーを採用し、掃除終了までモップのキレイな面で拭き掃除ができる、同社初の床拭きタイプのロボット掃除機。

本体のローラーに専用のモップを巻きつけて使用し、ローラーが約5分半毎に約30度回転して拭き取る面を変えるため、掃除終了までモップのキレイな面で拭くことができ、拭き残しも抑えるという。

タイヤ回転数による移動距離を計算する「オドメトリ」と、本体の向き(角度)を検知する「ジャイロセンサー」によるコントロールで、おおまかな位置を推定しながらルート走行します。人が雑巾がけをする時のようにコの字型にルート走行を行うので、折り返して走行する時には重ね拭きをしながらしっかりと拭き掃除します。

加えて、赤外線センサーとバンパースイッチも搭載し、障害物の検知だけでなく、落下(10cm以上の段差)や乗り上げ(7mm以上)を防止します。


運転モードは、水拭き(ウェット)モード、から拭き(ドライ)モードを搭載。付属の専用モップを使用してのモップウェットモード時では、自動で水を定期的に噴射し、モップを濡らしながら掃除します。

さらに、約1.6m×2.0mの決まった範囲を走行するスポットモードを設定可能。縦・横に複数回同じ場所を集中的に走行することで、頑固な汚れを拭き取ります。専用モップは使用後に水洗いすれば繰り返し使用可能。

このほか、付属の専用モップ以外に、市販のウェットシートやドライシートが利用できます。「シートの巻き付けボタン」「シート取り外しボタン」の専用ボタンがあり、市販シートの自動巻き付け、取り外しが簡単に行なえます。市販シートは、花王の「クイックルワイパー 立体吸着ドライシート」、「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」、「クイックルワイパーウエットシート」が推奨されてます。なお、市販シートではスポットモードは使えません。

サイズは240×243×80mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.5kg。給水タンク容量は約180ml。最大稼働面積は20畳。充電式バッテリを内蔵し、連続使用可能時間は約60分となってます。本体色はホワイト。充電アダプタ、専用モップ、シート専用パッドが付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/11041

Amazonの人気商品