« iRobot:ロボット掃除機「ルンバi7」(i715060)/ 「ルンバi7+」(i755060) | トップページ | Panasonic:ロボット掃除機「RULO mini MC-RSC10」(MC-RSC10-W) »

ダイソン:Dyson 360 Heurist ロボット掃除機 (RB02BN)

ダイソンは、ロボット掃除機の新機種として、吸引力や部屋の学習する機能を強化した「Dyson 360 Heurist(ヒューリスト) ロボット掃除機」をラインナップ。

毎分78,000回転する「ダイソン デジタルモーター V2」と、8つのサイクロンで最大70,000Gの遠心力を発生させて微細なゴミを捕らえる、独自の特許技術「Radial Root Cycloneテクノロジー」を搭載し、従来機種「Dyson 360 Eye ロボット掃除機」から吸引力が20%向上したロボット掃除機。他社のロボット掃除機と比べて4倍の吸引力を持ち、スマートフォン専用アプリ「Dyson Link」を使えば、自宅だけでなく外出先からも本体の操作が可能。


新機種では、進化した「インテリジェントSLAMビジョンシステム」を搭載しており、合計8個のセンサーと、内蔵カメラなどを駆使し、室内で自らの位置を常に認識。走行中、センサーが0.02秒ごとに距離測定を行い、現在位置とまだ掃除をしていない場所を把握します。センサーは、長距離マッピングセンサー、段差センサー、壁面近接センサー、障害物センサーを装備。8個のLEDライトも備え、インテリジェントSLAMビジョンシステムと連携して、暗い室内でも掃除が可能。

さらに、従来機種から20倍のデータ処理と32倍の長期メモリを実現した、1.4GHz駆動のクアッドコアプロセッサを採用。掃除しながら部屋のマップをメモリ内に記録し、最新情報に更新していくことで室内環境を学習するため、最適な掃除方法を自ら判断して効率的に掃除します。加えて、Wi-Fi経由でソフトウェアのアップデートにも対応し、いつまでも学習し続けます。

底面のブラシバーは、静電気の発生を防止するカーボンファイバーブラシと、6,947本の硬いナイロンブラシで構成。ブラシの長さは212mmで、ブラシバーと吸引口が機体の全幅と同じ長さに設計されているため、他社のロボット掃除機のようなサイドブラシがなくても、一度通過するだけで確実にゴミを取り除くため、同じ場所を繰り返し掃除することはありません。

スマホ専用アプリ「Dyson Link」では、静音/通常/強の3つの運転モードを選択できるほか、スケジュールの設定が可能。また、学習して作成された室内のマップデータを利用して、アプリ上で部屋を区切れば、エリアごとに掃除の設定が可能。

このほか、障害物を乗り越える「ベルト駆動式転輪」、0.3μの微細な粒子を99.97%捕らえ、きれいな空気を排出する「ポストモーターフィルター」、自動充電機能など搭載。

サイズは230×240×120mm(幅×奥行×高さ)、重量は2.51kg。クリアビン容量は0.3L。リチウムイオンバッテリを内蔵し、連続運転時間は最大約75分、充電時間は約2時間45分となってます。本体色はニッケル/ブルー。充電ドック、バッテリー充電器が付属。

▼ 購入はコチラで
Dyson 360 Heurist ロボット掃除機 RB02BN

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/11044

Amazonの人気商品