« ダイキン:水捨て不要の住まい向け除湿乾燥機「カライエ」(JKT10VS-W) | トップページ | サンコー:USBミニ除湿機「湿気とるん」(USBPTDEH) »

SHARP:プラズマクラスター除湿機「CV-H180」(CV-H180-W)

シャープは、プラズマクラスター除湿機の新機種として、2段ワイド干しに対応したパワフルタイプ「CV-H180」をラインナップ。

B07C5DSLSQ

本体奥行を約25cmに抑えながら除湿性能を18L/日まで向上させた除湿機。また、上下/左右自動スイングルーバーにより横幅最大約165cm、縦幅最大約190cmへ、天井から床まで広範囲に送風を実現し、「2段ワイド干し」に対応。これにより、様々な部屋干しスタイルに対応し、大量の洗濯物を乾燥させることができるほか、左右ルーバーを中央方向に絞ったスポット送風にすれば、少量の洗濯物をスピード乾燥ができます。

運転モードは、衣類乾燥/除湿が自動・弱・強の3段階、衣類消臭が弱・強の2段階で切り替え。また、雨の日など湿度の高い環境に放置することで衣類に湿気が戻り、生乾き臭が発生してしまう「臭い戻り」を抑える「臭い戻り対策」運転を搭載しており、部屋干しした衣類に高濃度プラズマクラスターイオンを集中的に照射することで、衣類の生乾き臭や衣類についた汗臭の消臭、タバコの付着臭を分解/除去することが可能。

さらに、同社の空気清浄機にも搭載されている「後ろななめ20度気流」を採用し、大風量で部屋の空気を循環させてよどみを解消すると共に、パワフル除湿で湿度を抑え、プラズマクラスターイオンで空気を浄化することでカビの発生を未然に抑える「カビバリア」運転も搭載します。


このほか、清潔さと使いやすさにもこだわり、本体内部に残った水分を乾燥させる「内部乾燥」、本体内部へのホコリの侵入を抑える「ホコリブロックプレフィルター」、排水の回数を減らせる持ちやすいハンドルを備えた「4.5L大容量タンク」、市販の内径15mmのホースをつなげば24時間使える「連続排水」、本体の移動に便利な「4輪キャスター」など、便利機能が充実しています。

主なスペックは、除湿方式はコンプレッサー方式。定格除湿能力は18L/日・16L/日(60Hz・50Hz)。除湿可能面積の目安(50/60Hz)は、木造~コンクリートが20~40畳(33~67平方m)/23~45畳(38~75平方m)。プラズマクラスター適用床面積の目安は約20畳(約33平方m)。

サイズは359×248×665mm(幅×奥行×高さ)、重量は約16.5kg。消費電力は、衣類乾燥(強)が345/385W(60Hz/50Hz)、除湿(強)が325/370W(同)、衣類消臭(強)が33W。


B07C5DSLSQ

下位機種として、定格除湿能力が12L/日で、「2段ワイド干し」非対応のスタンダードモデル「CV-H120-W」も発売中。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10990

amanatu.com

Amazonの人気商品