« ECOVACS:ロボット掃除機「DEEBOT 901」 | トップページ | iRobot:Wi-Fi対応ロボット掃除機「ルンバ890」(R890060) »

ECOVACS:水拭き対応ロボット掃除機「DEEBOT OZMO 930」(OZMO930)

エコバックスジャパンは、ロボット掃除機「DEEBOT OZMO 930」をラインナップ。

B07CG6K2BL

ゴミの吸引と水拭き掃除を同時に行える床用ロボット掃除機。部屋を正確に掃除するためのマッピング機能を搭載しており、レーザースキャン技術を用いて部屋の間取りを測定し、マップ情報をロボットの頭脳に記憶して、効率的な運転コースを判断しながらしっかり掃除します。

また、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN機能を内蔵。ロボット本体にWi-Fi設定を行って、同社が提供するスマートフォンアプリ「Ecovacs」をインストールしたスマートフォンと接続すれば、自宅での操作はもちろん、外出先からでも本機を遠隔操作することが可能です。

アプリでは、清掃モードの設定や、 スケジュール設定、掃除が完了しているかを確認することができるほか、ロボット掃除機が自動で計測したマップをスマホで確認することも可能で、自動でエリア分けされた部屋ごとに掃除範囲の設定をしたり、掃除してほしくない場所に線や枠を引いてロボット掃除機が入らないように設定を行えます。清掃する範囲をエリア範囲よりも詳細に決めることのできるカスタム清掃では、選択範囲を決めることで、細かい範囲で清掃を行えます。

さらに、タンクの水をポンプで吸い上げ、水量を制御しながらモップを湿らせて強力水拭きを行うモップシステム「OZMO」を搭載。超音波センサーを使って部屋のカーペットを認識できるので、水拭きを行っているときはカーペットを避けながら掃除します。このほか、スマホアプリで水量を設定できるので、部屋の状況に合わせて水拭きを行えます。


吸引モードは、標準モードと強モードの2種類を搭載。カーペットなど、パワフルに掃除したい場合にはメインブラシ有り、髪の毛などが多い場合にはメインブラシ無しがオススメ。自動でドッキングステーションに戻り、次の清掃まで充電を行う自動充電機能、設定した時間に清掃を行うタイマー機能なども備えます。

サイズは354×102mm(直径×高さ)、重量は4.1kg。水タンク容量は250ml、ダストボックス容量は470ml。3,200mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵し、稼動時間は最長110分。充電時間は約3~4時間。運転音は標準モードが56dB、強モードが60dB。乗越え可能段差は1.6cm。本体色はホワイト。


B07C85VG49

下位機種として、マッピング機能など省いた「DEEBOT OZMO610」も発売中。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10894

amanatu.com

Amazonの人気商品