« ネスレ:コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェグスト インフィニッシマ MD9780」(MD9780-BL) 【9月発売予約】 | トップページ | drinkmate:ソーダメーカー「マグナムグランド スターターセット」(DRM1005/DRM1006) »

Delonghi:全自動コーヒーマシン「オーテンティカ コンパクト」(ETAM29510B)

デロンギは、全自動コーヒーマシンの新機種として、スリムモデル「オーテンティカ コンパクト」をラインナップ。

イタリア語で「本物」を意味する「オーテンティカ」の名を冠した、全自動コーヒーマシン。一杯淹れるごとに自動で丁寧に「豆を挽く」、「絶妙にタンピングする」、「最適な圧力で抽出する」を行い、本場イタリアの本格派レギュラーコーヒーの味を家庭でも手軽に楽しめます。

本体の幅が19.5cmと、背面に水タンクを配置することで、同社史上最もスリムサイズを実現。スタイリッシュなイタリアンデザインを採用し、どんなキッチンにもマッチし、設置場所を選びません。

また、操作部に直感的に操作できるよう、見やすいバックライトアイコンを採用したソフトタッチパネルを配置。メニューボタンを軽く触れるだけで簡単に操作できます。コーヒーの濃さ(豆の量)やコーヒーの量(抽出量)、抽出温度の設定まで、自分好みのコーヒーにカスタマイズ。 ボタンを押すだけでバリスタが淹れたような挽きたての本格レギュラーコーヒーが味わえます。さらに、電子制御によるタンピング圧コントロールシステムを搭載し、いつでも本格派レギュラーコーヒーの味を再現可能。

新メニューとして、日本人好みの深蒸しレギュラーコーヒー「カフェ・ジャポーネ」と、デロンギ独自レシピの香り高く濃密なコーヒー「ドッピオ+」を追加。さらに、備え付けのミルクフロッサーを使えば、誰でも簡単にキメ細かい、なめらかなフォームミルクが作ることができ、カフェラテやカプチーノなどのミルクメニューに対応。

ミルは、低速回転でコーヒー豆を挽くため摩擦熱が発生しにくいコーン式(円錐形)のグラインダーを採用。コーヒーの命ともいえる揮発性のアロマを逃さずに豆を挽くことができるほか、通常のプロペラ式のミルよりも均一な粒度に挽くことができます。挽き具合は7段階で調節可能。コーヒー豆以外にコーヒー粉の両方で抽出ができます。

オートオフまでの時間を設定できる節電機能も搭載。コーヒー抽出後に自動的にボイラーがオフになるので、無駄な電力消費を抑えます。このほか、抽出ユニットも取り外すことができ、お手入れも簡単。

サイズは195×480×335mm(幅×奥行き×高さ)、重量は9.2kg。電源コード長2m。豆ホッパー容量は230g、水タンク容量は1.35L。ポンプ圧は15気圧で、抽出時は9気圧。消費電力は1,450W。本体色はブラック。

▼ 購入はこちらで
デロンギ 全自動コーヒーマシン オーテンティカ コンパクト ETAM29510B

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10843

amanatu.com

Amazonの人気商品