« タイガー魔法瓶:土鍋圧力IH炊飯ジャー“炊きたて”「JPH-A101」(JPH-A101-KE /JPH-A101-WE) | トップページ | 象印:圧力IH炊飯器「炎舞炊き NW-KA型」(NW-KA10/NW-KA18) »

東芝:5.5合炊き真空圧力IHジャー炊飯器「RC-10ZWM」(RC-10ZWM-K /RC-10ZWM-W)

東芝ホームテクノは、真空圧力IHジャー炊飯器の新機種として、5.5合炊きのフラッグシップモデル「RC-10ZWM」をラインナップ。

B07D9DHRJ1B07D9DM1H8

内釜の中を真空にすることで圧力差で芯までたっぷり吸水させたうえで、高温で炊き上げることによって、お米一粒一粒の芯まで加熱し、ごはんをふっくら炊き上げる真空圧力IHジャー炊飯器。白米だけでなく、玄米や雑穀ごはんも圧力と火力をきめ細かく制御することで、「しゃっきり」から「もちもち」まで食感を炊き分けます。

新機種では真空ポンプが新しくなり、従来機種の0.6気圧から0.5気圧に強化。ひたし時により素早くお米に吸水できるようになり、食感を炊き分けできる炊飯コース「かまど名人」で炊けば、炊飯時間を約30%短縮され、食感おすすめ選択時で3合のお米を炊く時間は、従来は約55分だったのに対し、新機種では約38分に短縮されます。また、玄米と白米を混ぜて炊く「白米混合」では約40%時短化して約60分で炊き上げます。


「かまど名人」コースの食感(白米・無洗米)は11通り、甘みをさらに引き出す「甘み炊き」コースは3通りから選べます。炊飯コースはほかに、「そくうま」「炊き込み」「雑穀米」「麦ごはん」「エコ炊飯(ecoモード)」など用意。

保温機能では、内釜の中に残る空気を外に追い出して密閉状態にし、酸化によるごはんの黄ばみや水分の蒸発を抑えるこ「真空保温」を搭載。白米なら最大40時間までおいしく保温します。

内釜は、羽釜にならった形状の「備長炭かまど本羽釜」を採用。東芝こだわりの丸底60度と、独自のWAVE加工で、釜底からより強い沸騰を起こし、大きな熱対流を生み出して釜の中心までしっかり加熱して連続加熱・連続沸騰を実現。操作系では大型液晶タッチパネルを備えます。

サイズは245×328×228mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約7.2kg。最大炊飯容量は1.0L(約5.5合)。気圧コントロールは真空が0.5~(保温時0.6)、圧力が1.2気圧(圧力可変)。消費電力は1,420W。本体色はグランホワイト、グランブラックの2色。

このほか、下位機種として大型液晶タッチパネルなど省略した5.5合炊きの「RC-10VXM」と1升炊きの「RC-18VXM」、パン発酵/パン・ケーキ/温泉卵コースを搭載した5.5合炊きの「RC-10VSM」と1升炊きの「RC-18VSM」も発売します。

▼ 購入はコチラで
東芝 5.5合炊き RC-10ZWM-W グランホワイト
東芝 5.5合炊き RC-10ZWM-K グランブラック

東芝 5.5合炊き RC-10VXM-W グランホワイト
東芝 5.5合炊き RC-10VXM-RS ディープレッド
東芝 1升炊き RC-18VXM-W グランホワイト
東芝 1升炊き RC-18VXM-RS ディープレッド

東芝 5.5合炊き RC-10VSM-W グランホワイト
東芝 5.5合炊き RC-10VSM-RS ディープレッド
東芝 1升炊き RC-18VSM-W グランホワイト
東芝 1升炊き RC-18VSM-RS ディープレッド

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10800

amanatu.com

Amazonの人気商品