« サンコー:ドライフルーツも作れる「自家製ジャーキーメーカー」(DRFDMK01) 【9月発売予約】 | トップページ | SHARP:ウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XW500」(AX-XW500-R/ AX-XW500-W) »

東芝:過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム ER-SD7000」(ER-SD7000-K /ER-SD7000-W)

東芝ホームテクノは、過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」の新機種として、庫内容量30L「ER-SD7000」をラインナップ。

業界最高350度熱風2段オーブンを実現した過熱水蒸気オーブンレンジ。高火力×熱対流により、庫内全面(扉部を除く)から遠赤外線を放射することで、食材を内側からもじっくりと熱を通せます。

また、8つ目の高精度センサーが、スイングしながら1,024カ所の広範囲を検知する「1024ポイント赤外線センサー」と、庫内中央の1カ所を瞬時に検知する「センサー赤外線センサー」、さらに大型アンテナの高精度トリプルセンサーを備え、加熱ムラを抑えて、よりスピーディーに仕上げます。


新機種では、深さ5cmの付属の深皿を使って時短調理する「切って、混ぜて、20分焼くだけ」のスピード深皿メニューや、1時間でパンが焼ける「混ぜて、丸めて、焼き上げ約1時間」のお手軽パンメニューなどを追加。レンジの「おかずあたため」は改善し、過熱ムラやはじけなどの不満を解消しています。


また、耐熱ボウルで簡単「3分・5分・7分」のスピードメニューや、油を使わずに揚げ物が楽しめる「ノンフライ調理」、蒸し器を使わずに手軽につくれる「スチーム料理」など、多彩な470自動メニューを搭載。

操作では、文字が見やすく、かんたんに操作を実現するカラータッチ液晶を装備。トップ画面の色も自分好みに変更できます。

お手入れでは、焦げつきや汚れが取れやすい「とれちゃうコート」、四隅が丸くてすみずみまで拭きやすい庫内、ラクラク開閉できるスマートダンパー、庫内の様子が見やすいように上下2カ所にLED灯を搭載。


サイズは498×399×396mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約21kg。消費電力は1,430W。出力は1,000W/600W・500W/200W・100W相当。過熱水蒸気の温度調節範囲は100~300度。スチーム給水方法は給水カセット式。本体色はグランホワイト、グランブラックの2色。

下位機種として、大型ホワイトバックライト液晶に変更した「ER-SD5000」を発売中。また、オーブン最高温度300度の「ER-SD3000」を7月上旬、オーブン最高温度250度の「ER-SD100」も7月中旬に発売します。

▼ 購入はコチラで
東芝 石窯ドーム 30L ER-SD7000-K・W
東芝 石窯ドーム 30L ER-SD5000-R・W
東芝 石窯ドーム 30L ER-SD3000-R・W
東芝 石窯ドーム 30L ER-SD100-W

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10743

amanatu.com

Amazonの人気商品