« recolte:パンケーキメーカー/ワッフルメーカー「smile baker mini」(RSM-2PK /RSM-2YE) | トップページ | S-cubism:ホットプレート「吸煙グリル SNG-001」(SNG-001BK /SNG-001WH) »

パナソニック:ロティサリーグリル&スモーク「NB-RDX100」(NB-RDX100-K)

パナソニックは、360度回転ロティサリーグリルを搭載し、かたまり肉を炙り焼きできるロティサリーグリル&スモーク「NB-RDX100」をラインナップ。

B074H1F3KN

遠近赤外線ダブル加熱と回転機構による新開発の360度回転ロティサリーグリルによって、本格的なローストビーフや焼き豚など調理できるグリル。

「360度回転ロティサリーグリル」は、食材の外と中を加熱する遠近赤外線ダブル加熱、低速回転機構、最適な火加減にコントロールする温度制御の3つのテクノロジーを採用し、火が通りにくいかたまり肉をじっくり丁寧に焼き上げることができます。

使用方法は、かたまり肉を入れた専用かごを受け皿に取り付けて本体庫内にセットし、食材の種類や大きさに応じて[仕上がり]調節で設定します。あとは[スタート]ボタンを押せば、あとはほうっておくだけで自動調理します。


食材を360度回転させながら、上面の一方向からの遠近赤外線ダブル加熱で近火と遠火をくり返しながら炙り焼き。ゆっくりと加熱することで肉のたんぱく質の凝集を抑えられるので、柔らかくジューシーに仕上がります。肉以外に、とうもろこしなどの野菜もまるごとグリルできるので、調理の幅が広がります。


グリル機能に加え、燻製、オーブン、トースターとしての機能も搭載。燻製は食材に合わせて、高温/低温の2段階で調整でき、燻製卵やスモークチーズなどの燻製料理が楽しめます。また、オーブン機能では直径約25cmのピザを、トースター機能では一度に4枚までのトーストが焼けます。

さらに、マイコン制御で、火力・温度・時間をきめ細かくコントロールするオートメニューを搭載。オートメニューではロティ・ローストビーフ、ロティ・焼き豚、オーブン・ピザ、オーブン・グラタン、あたため・ロールパン、あたため・フライ、トースト、冷凍トーストといった、よく使うメニューを備えています。

20180310_panasonic02.jpg


本体内には触媒フィルターと触媒専用ヒーター、強制排気ファンを装備。調理中の気になる煙を軽減します。庫内天井は、調理と同時に汚れを分解するセルフクリーニングコートしたことで汚れにくく、庫内側面と奥面にはふき取りをしやすくするための塗装を施し、お手入れの手間を軽減。

20180310_panasonic03.jpg


主なスペックは、調理モードがオーブン、グリル、ロティ、燻製(高温/低温)。仕上がり調整が3段階。上ヒーターが上/近赤外線・遠赤外線×各1本、下ヒーターが遠赤外線×3本。温度調節が7段階(120~240度、燻製は除く)。デジタル表示がタイマー算時間表示、タイマーが0.5~60分(グリルは0.5~90分)。

サイズは410×410×283 mm(幅×奥行き×高さ)、庫内サイズは270×290×112mm(同)、受皿は252×250×18mm(同、内寸)、重量は 約8.4kg(焼き網使用時)。電源コード長は100cm。消費電力は、オーブンが約1,350W、グリルが約1,350W、ロティが約990W、くんせいが約840W。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10690

amanatu.com

Amazonの人気商品