« グリーンハウス:缶ビール用ハンディビールサーバー「GH-BEERISシリーズ」 | トップページ | HIRO:ヨーグルトメーカー プラス HG-YD290 »

アイリスオーヤマ:飲むヨーグルトも作れるヨーグルトメーカー「KYM-013」/「IYM-013」

アイリスオーヤマは、ヨーグルトメーカーの新機種として、飲むヨーグルトも作れるようになった「KYM-013」と「IYM-013」をラインナップ。

B0789765G5B0782191P1

プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、甘酒や塩麹などを自動で調理できるヨーグルトメーカー。

新機種では新たに「飲むヨーグルトモード」を搭載。温度と時間を細かく制御し最適な環境で発酵をコントロールすることで、柔らかく酸味を抑えたドリンクタイプのヨーグルトを自宅で簡単に調理できます。終了時に音でお知らせる新機能も備えました。また、従来機種「IYM-012」のように自分で温度と時間を設定する必要が無く、自動で調節するので、より簡単手軽に調理できるようになりました。


飲むヨーグルトの作り方は、市販の牛乳パックに市販の飲むヨーグルトを入れてよく混ぜます。それを本体にセットし、蓋を閉めて自動メニューの「飲むヨーグルト」のスイッチを押します。あとは約8時間発酵させれば完成です。

牛乳パックの容量に合わせて500mlと1,000mlのモードが設定できるため、好みに合わせて作る量を調整可能。さらに、おこのみ設定機能で温度を1度刻みで25~65度、発酵時間を1~48時間まで1時間刻みで設定できるため、とろみの強弱を自分好みに調整することができます。


従来機種と同様、プレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルト、甘酒、塩麹の自動メニューも搭載。合計5種類の自動メニューからボタン一つで簡単調理。市販の牛乳パックをそのまま使用するため、別容器に移し替える手間が無く、衛生的にヨーグルトを作ることが可能。

このほか、ギリシャヨーグルト、クリームチーズ、納豆、西京味噌、フルーツビネガー、塩レモンなどの発酵食品のアレンジレシピを掲載したレシピブックが付属します。

サイズは156×156×274mm(幅×奥行き×高さ)、重量は630g。 電源コード長は約2m。専用容器の容量は900ml、使用可能牛乳パックは1,000mlまで。消費電力は40W。本体色はホワイト。専用容器(900ml)、水切りカップ、計量スプーン、混ぜ棒、牛乳パック用クリップが付属。なお、KYM-013とIYM-013の違いは専用容器の数で、KYM-013は1個、IYM-013は2個付き。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10667

amanatu.com

Amazonの人気商品