« バルミューダ:電気炊飯器「BALMUDA The Gohan」(K03A-BK /K03A-WH) | トップページ | 東芝:真空圧力IHジャー炊飯器「RC-10ZWL」(RC-10ZWL-W /RC-10ZWL-K) »

愛知ドビー:鋳物ホーロー鍋の炊飯器「VERMICULAR RICEPOT」(RP23A-SV /RP23A-GY /RP23A-WH)

愛知ドビーは、鋳物ホーロー鍋を使用する炊飯器「VERMICULAR RICEPOT(バーミキュラ ライスポット)」をラインナップ。

B076WBR6R2B077P24PYRB077P2CHVK

同社がもともと扱っていた鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」で炊いたご飯が「どんな炊飯器よりおいしい」という使用者の声に応え、一般的な内釜ではなく、炊飯用に高密度の鋳物ホーロー鍋を採用した炊飯器。

炊飯用に進化させた「バーミキュラ」は、新技術「フローティングリッド」によってフタと本体の隙間が、わずか100分の1mm以下という密閉性を実現。鍋の中に圧力がかかり、お米の一粒一粒から甘みとモチモチの食感を引き出します。高火力調理時に吹きこぼれも抑えます。

また、肉厚の鉄鋳物がしっかり蓄熱され、温められたホーローコーティングにより遠赤外線が発生。この遠赤外線加熱によって、お米の芯まで遠赤外線が届きます。加えて、炊飯用に開発した鍋底のリブ構造により発生する大きな泡が、米をしっかり踊らせて、おいしいご飯の証“カニの穴”を作り出します。なお、リブ加工はしゃもじでご飯を返しやすいように水紋状にしてあります。


さらに、フタの裏にリング状の突起「ダブルリッドリング」を設けており、これが炊飯後にフタをしたときに、水滴が鍋の周縁部に落とす役目を担います。これによってご飯のべちゃつきを抑えられ、鍋がそのまま「おひつ」としても使えます。

鋳物ホーロー鍋でご飯を炊くために、同社は専用のポットヒーターを開発。底面のハイパワーIHコイル、側面のアルミヒーター、そして側面の断熱カバーを組み合わせた「ラップアップヒートテクノロジー」を採用し、かまどのような立体的な加熱を実現。これにより、かまどで炊いたような美味しいごはんが炊けます。ヒートセンサーも備え、鍋底の状態を常に見守り、指先ひとつ押すだけでポットヒーターが細やかに温度制御します。

保温機能と保温用のフタはあえて省いたという。その理由は、保温したご飯はどうしても美味しくないこと、保温用のフタがない方がご飯が美味しく炊けること、お手入れがしやすいこと。ライスポットで炊いたご飯は冷めてもおいしいのですが、どうしても温かいご飯が食べたい方は温めなおすのがお勧めです。

操作は、誰でも使用できるように、次に必要なの操作を光で教えてくれる「スマートタッチキー」を搭載。炊きあがり時間の設定や予約タイマー、モード切り替えなどの操作を迷うことなく行えます。

炊飯モードは、「白米(ふつう・おこげ・おかゆ)」と「玄米(ふつう・おこげ)」から選択可能。炊飯だけなく、「調理モード」も用意され、ホーロー鍋を活かした様々な料理が作れます。温度調節は中火・弱火・極弱火・保温の4つで、保温時は30~95度に1度刻みで設定することができます。

フタと本体の密閉性が高いバーミキュラの鍋だからこそ可能にする「無水料理」、細やかな温度制御によって肉の焼付け、炒め調理、ローストビーフやコンフィのような低温調理が可能なほか、ふわふわパンやデザートまで作れます。ライスポットで炊けるご飯から本格的な調理まで100品のメニューを掲載するレシピブックが付属。

サイズは約311×296×208mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約6.9kg。消費電力は1,350W。本体色はソリッドシルバー(SV)、トリュフグレー(GY)、シーソルトホワイト(WH)の3色。専用リッドスタンド、米用計量カップ、水用計量カップ、レシピブックが付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10650

amanatu.com

Amazonの人気商品