« SONY:CDラジオカセットレコーダ「CFD-S401」の新色ブルグレー(CFD-S401-LI) | トップページ | FUNAI:Blu-ray Discレコーダ「HX」シリーズ »

SONY:Blu-ray Discレコーダ「BDZ-ZW2500」

ソニーは、ダブルチューナ内蔵Blu-ray Discレコーダ「BDZ-ZW」シリーズに、2TB HDD搭載の「BDZ-ZW2500M」を新たにラインナップ。

B0765ZY7Q6

地上/BS/110度CSデジタルチューナを2基備え、2番組同時録画に対応したBDレコーダ。従来機種の1TB HDD搭載「BDZ-ZW1500」、500GB HDD搭載「BDZ-ZW550」に加えて、大容量2TB HDDを搭載し、最大約2,820時間の録画が可能です。

通常の録画用USB HDDのほか、SeeQVault対応のUSB HDDが使用でき、登録することで直接録画が可能で、容量拡張と新たな買い替えに備えたデータのバックアップの2つの役割を担うことができます。また、別のSeeQVault対応のBDレコーダがあれば、つなぎ替えるだけで、これまで録りためていた番組をそのまま再生することができます。また、同社の4Kブラビアや4Kハンディカムとの連携強化、ハイレゾ音源再生にも対応します。

20170714_sony01.jpg


録画機能では、タレント名やキーワードやジャンルを登録しておくことで、関連する番組を自動で録画する「おまかせ・まる録」、どの番組が多くの人に録画予約されているのかを最大20位までジャンル別にランキング表示する「予約ランキング」などを搭載。

高画質化には「4Kブラビアモード」を搭載。録画番組の内容や画質に関する情報をレコーダ側で調整し、BRAVIAに出力することで、より高品位な4K画像へのアップコンバートが可能。また、本機を他社メーカーの4Kテレビと接続した場合でも、4Kアップコンバート機能でより高画質な映像で鑑賞できます。

さらに、スマートフォン/タブレット用アプリ「Video & TV SideView」に対応。外出先からスマートフォンで本機を操作し、見たい番組をその場で録画予約できます。録画番組や放送中の番組も、いつでもどこでも視聴できます。

B0765ZY7Q6B0765ZY7Q6


入出力端はHDMI出力、コンポジット入力、ステレオ音声入力、USB 2.0(前面)、USB 3.0(背面)、LAN端子を装備。無線LANも内蔵。

サイズは約430.7×208.6×43.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.9kg。消費電力は26W、待機時0.04W~15W。リモコン、電源コード(1.5m)、アンテナケーブル(1.5m)、B-CASカードが付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10583

amanatu.com

Amazonの人気商品