« LINE:スマートスピーカー「Clova WAVE」 | トップページ | SONY:Bluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB60」 »

SONY:Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」(LF-S50G-B/LF-S50G-W/LF-S50G-L)

ソニーは、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「LF-S50G」を12月9日に発売します。

B076J6858MB076J5ZVH2B076JGKHRY

同社初のGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカー。マイクを内蔵し、Wi-Fiで接続したあと、最初に「OK Google」とスピーカーに話しかけるとアシスタントが起動します。そのあと、音楽再生や天気やニュースなどの情報、さらには対応する電化製品の操作など、声で指示するだけで手軽にコントロールすることができます。


音楽再生では、Google Play Musicなどの音楽ストリーミングサービスを通じて、好みの曲や、雰囲気や気分に合わせたプレイリストの音楽を再生可能。情報取得では、天気、交通情報、ニュースなどの情報をリアルタイムで確認したり、Googleが提供するGoogle検索やGoogleマップなど、様々なサービスから情報が得られます。スケジュール管理も可能で、アラームやタイマーの設定が可能です。

さらに、ソニーのサウンドバー「HT-ST5000」「HT-MT500」や、ワイヤレススピーカー「SRS-ZR7」、またホームネットワーク内の他社の周辺機器や家電といった様々なWorks with Googleアシスタント対応機器を、「Google Home」アプリで連携させれば、声による操作が可能になります。

Android TV機能を搭載したテレビ「BRAVIA(ブラビア)」と連携すれば、声で検索したYouTubeの映像を流すことができるほか、再生中のYouTubeのコンテンツのボリュームを声で調節したり、停止したりできます。対応する照明機器ならば、声で電源のON/OFFや明るさの調節など、スマートホーム体験が可能。

スピーカー自体は、同社では初めて、対向配置した2ウェイスピーカーシステムを採用し、音声が全方向に広がる360ドサウンドを実現。部屋のどこにいても、移動中であってもスピーカーからの音声がクリアに聞こえます。

20171028_sony01.jpg


また、料理中などで手が濡れている時でも、本体に触れることなく操作ができる「ジェスチャーコントロール」を搭載。本体の上面に手のひらや指をかざして動かすことで、音楽の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、音量調節、Google アシスタントの起動が可能。今後、周囲の騒音の大きさに合わせて、再生中のコンテンツを聞き取りやすい音量に自動調節する「おまかせ音量」機能を、ソフトウェアアップデートで対応予定。


本体は、JIS防水保護等級IPX3の防滴性能も備えているため、キッチンなど水しぶきのかかる場所でも安心して使用できるほか、本体を水拭きしてお手入れ可能。本体カバーは布製で撥水コーティングがされており、取り外して水洗いもできるように、使いやすさにもこだわっています。

20171028_sony02.jpg


このほか、一目で現在の時刻を確認できるデジタル時計の表示や、スマートフォン/タブレットなどの音楽をワイヤレス再生できるBluetoothを内蔵。NFCにも対応し、ワンタッチで対応する端末とペアリングできます。

20171028_sony04.jpg


主なスペックは、スピーカーが約48mm径フルレンジと、約53mm径サブウーファで構成され、エンクロージャーがフルレンジ部は密閉型、サブウーファー部はバスレフ型。実用最大出力は18W。マイク部はMEMS型で、指向特性が全指向性。

通信機能にIEEE 802.11 a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2を搭載。Bluetoothの対応プロファイルはA2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC。コンテンツ保護のSCMS-Tもサポート。通信距離は約10m(見通し)。8台までの機器をペアリングできるマルチチペアリング対応。

サイズは約110×162mm(直径×高さ)、重量は約750g。電源はACアダプタのみ。消費電力は約8W。本体色はブラック、ホワイト、ブルーの3色。ACアダプタが付属。

▼予約はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10575

amanatu.com

Amazonの人気商品