« サンコー:縦持ちOK!ピタッとスマクール(SPCLMBSC) | トップページ | iriver:ポータブルハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK70 MK II Noir Black」(AK70MKII-NB) 【10月発売予約】 »

iriver:ポータブルハイレゾプレーヤー「Astell&Kern A&ultima SP1000」(AK-SP1000-SS /AK-SP1000-CP)

アユートは、ハイレゾポータブルオーディオプレイヤー「Astell&Kern」の新フラッグシップ「A&ultima SP1000」をラインナップ。

20170904_aksp1000-01.jpg

“世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー”を目指したプロダクトライン「A&ultima」の名称を冠した、「iriver」ブランドの新たなフラッグシップモデル。これまで「Astell&Kern」シリーズで培ったノウハウをすべて注ぎ込み、デザインから再設計を実施。

DACチップには新世代32bit/2ch対応フラッグシップモデル「VERITA AK4497EQ」2個を、左/右独立で1個ずつ搭載。高分解能32bit処理と高いノイズ耐性で繊細なサウンド表現が可能。また、広大なダイナミックレンジと、優れたステレオセパレーションを実現させ、デュアルDACの恩恵を最大化できる2.5mm/4極バランス出力端子を装備。

PCM最大32bit/384kHz、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生にも対応。加えて、高精度200Fs(フェムト秒)という超低ジッターを実現する電圧制御水晶を採用。これにより、オリジナル音源に限りなく忠実で正確なサウンド再生が可能です。

内蔵メモリ容量は256GB。microSD/SDHC/SDXCカードを利用すれば、最大256GB拡張できます。再生フォーマットは、WAV、FLAC、MP3、WMA、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSFに対応。

CPUとして、8個のコアを持つオクタコアCPUを採用し、高精度なデジタルオーディオ再生処理と、優れた応答性能で軽快な操作性を実現。液晶は、タッチ式の720×1280ドット表示対応5型HDタッチパネルを搭載。新しいユーザーインターフェイス、高速データ転送、高速充電などにも対応。細やかな音量調整を可能にするボリュームホイールとパワーボタン兼用の「マルチファンクションホイール」を右サイドに搭載するなど、操作面でも全面的に向上させています。

IEEE 802.11b/g/n対応無線LANと、Bluetooth 4.1のワイヤレス通信機能も備えます。DLNA機能を強化した新機能「AK Connect」をサポートし、家庭内ネットワークで接続されているPCやNASに保存れている音源をストリーミング再生したり、本体にダウンロードして再現可能。専用アプリ「AK Connect App」をインストールしたスマホ/タブレットから、遠隔操作も行えます。Bluetoothの対応プロファイルはA2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC、aptX、aptX HD。

入力出力端子は、3.5mmアンバランス出力、3.5mm光デジタル出力、2.5mm/4極バランス出力、拡張ユニット用バランス出力、USB(Type-C)を装備。バッテリ容量は3,700mAhで、連続時間は最大約12時間。充電時間は、9V/1.67Aの高速充電に対応した市販のUSB-ACアダプタと併用することで約2時間で完了します。本体色はStainless steel、Copperの2色。

サイズは75.8×16.2×132mm(幅×奥行き×高さ)、重量はStainless steelが約386g、Copperが約387g。USB Type-C ケーブル、レザーケース、画面用保護シート×2、トレイピンなどが付属。

▼ 購入はコチラで
iriver Astell&Kern A&ultima SP1000
A&ultima SP1000専用オプション

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10533

amanatu.com

Amazonの人気商品