« SONY:75/65/55型4K液晶テレビ「4K BRABIA X8500Eシリーズ」(KJ-75X8500E /KJ-65X8500E /KJ-55X8500E) 【6月発売予約】 | トップページ | SONY:65/55型4K有機ELテレビ「BRAVIA A1シリーズ」(KJ-65A1/KJ-55A1) »

SONY:65/55型4K液晶テレビ「4K BRAVIA X9500Eシリーズ」(KJ-65X9500E /KJ-55X9500E)

ソニーは、4K液晶テレビ「4K BRAVIA(ブラビア)」の新機種として、ハイレゾ対応スピーカーを搭載した「X9500Eシリーズ」をラインナップ。

ラインナップは、65型「KJ-65X9500E」、55型「KJ-55X9500E」の2機種。いずれも、高精細、広色域、高輝度・高コントラストの3,840×2,160ドット表示対応4Kパネル、およびスリムなハイレゾ対応スピーカー搭載し、これまで体験できなかった圧倒的な臨場感のある空間を創り出します。

SONY 4K液晶テレビ 4K BRAVIA X9500Eシリーズ

また、4K高画質プロセッサーとして、強化な「X1 Extreme」を採用。従来の4「X1」に比べて映像処理速度を40%向上させており、4Kパネルに合った映像処理とバックライトのコントロールをより高精度で行い、コントラストを高めています。高画質機能は、様々な映像を高コントラストなHDR相当の画質でリアルに描く「HDRリマスター」をはじめ、2つのデータベースを参照して精細感とノイズ低減の両立を実現する「デュアルデータベース分析」、豊かな階調表現でなめらかな色表現を実現する「Super Bit Mapping 4K HDR」を備え、さらなる高コントラスト、高精細、豊かな階調表現を実現。

4K BRAVIA X9500Eシリーズ


さらに、上質な輝きのある映像を表現する高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」とパネルの薄さを維持しながら緻密にバックライトをコントロールする「Slim Backlight Drive+」を組み合わせることで、「X-tended Dynamic Range PRO」非搭載モデルの約10倍のコントラスト向上と薄型デザインを両立。

SONY 4K BRAVIA X9500Eシリーズ


搭載スピーカーは、フロントサイドに2基のツイータ、4基のウーファ、4基のパッシブラジエータ、さらにスタンド内のサブウーファの計11基。出力は最大60Wで、サブウーファはダンパーレスの「磁性流体スピーカー」を採用し、歪みの原因となる2次音圧の発生自体がありません。また、低音域を向上させるパッシブラジエータをフロントサイドに4基備え、スリムなスピーカーとは思えないほどの音の高解像度と、上質で豊かな音響空間を生みだします。これにより、オリジナルに近いハイレゾ音源ならではの臨場感を体感できます。

SONY 4K BRAVIA X9500Eシリーズ


テレビ用に最適化した、小型・高効率のデジタルアンプ「S-Master」を、ハイレゾ音源に対応させた「S-Master HX」を搭載。また、CD音源(48kHz/24bit)をハイレゾ相当の高解像度音源(96kHz/24bit)にアップスケーリングする「DSEE HX」、声の大きさを自由にコントロールする「ボイスズーム」機能、音の高低によって変化しやすい出力レベルを一定にする「Clear Phase」、バーチャルサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」などに対応。

Android TV機能も搭載。付属のリモコンには音声検査機能を搭載し、音声検索ボタンを押して、見たい番組の検索や録画予約をあなたの声でサッと検索。さらに、動画や音楽、ゲーム、ショッピングなどの多彩なアプリを自由に追加して楽しめる「Android TVアプリ」を用意。4K高画質映像を配信しているアプリも豊富に提供され、AndroidスマートフォンやiPhoneで見ている動画をテレビ画面に映すこともできます。

SONY 4K液晶テレビ 4K BRAVIA X9500Eシリーズ


チューナは、地上/BS/110度CSデジタルを2基装備。別売りの外付けUSB HDDを接続すれば、テレビを視聴しながら、裏で放送されている番組を録画が可能。映像本来の明るさや色、コントラストを表現できるHDR信号にも対応しており、現実により近い映像情報を最大限引き出し、これまでのテレビでは表現できなかった、輝きや色鮮やかな映像を表現できます。また、視聴している番組をそのまま録画したり、ブラビアの電子番組表(EPG)から録画予約もできます。USB HDDは最大8台まで登録でき、最大16TBまで対応。

SONY 4K液晶テレビ 4K BRAVIA X9500Eシリーズ


通信機能にIEEE 802.11ac/n/a/g/b対応無線LANを内蔵。手軽にインターネットにワイヤレス接続し、ネットワークサービスを通じて「YouTube」「Netflix」「ひかりTV 4K」などのなどの動画サービスをHDR映像で視聴が可能。また、Blu-ray Discレコーダやnasneの録画番組に「番組チェック」や「録画リスト」から素早くアクセスして再生できる「ソニールームリンク」、ブラビアの番組表から録画機器に録画予約をしたり、録画機器側で作成されたチャプターを利用して見たいシーンを探すことも可能。音声検索を使って録画した番組を再生することもできます。Bluetooth機能も備え、対応するヘッドホンとワイヤレスで接続可能。対応プロファイルはHID/HOGP/SPP/A2DP/AVRCP。

SONY 4K液晶テレビ 4K BRAVIA X9500Eシリーズ

スマートフォン/タブレット用アプリ「Video & TV SideView」に対応。リモコン代わりにして操作したり、番組表や番組情報をチェックが可能。また、スマートフォンなどとテレビをペアリングしておけば、帰宅した際にいま人気の番組を知らせてくれます。

入出力端子はHDMI入力×4、ビデオ入力×2、コンポーネント入力、アナログ音声出力、ヘッドフォン出力/サブウーファー出力兼用、光デジタル音声出力、USB端子×3、Ethernet端子を装備。Ultra HD Blu-rayDisc対応のレコーダやプレーヤーを接続すれば、HDRコンテンツを視聴することが可能になります。

このほか、テレビの動作を光の色で知らせる「イルミネーションLED」も備えます。標準スタンド、リモコン、転倒防止用固定ベルト一式が付属。

65型はサイズが159.2×29.5×91.3cm(幅×奥行き×高さ)、重量が46.8。消費電力は289Wで、年間消費電力量は238kWh/年。

55型はサイズが137.3×28.2×79.0cm(同)、重量が36.0kg。消費電力は225W、年間消費電力量は204kWh/年。

▼ 購入はコチラで
SONY 4K液晶テレビ 4K BRAVIA X9500Eシリーズ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10452

amanatu.com

Amazonの人気商品