« パナソニック:55/49/43型4K液晶テレビ「4K VIERA EX600シリーズ」(TH-55EX600/TH-49EX600/TH-43EX600) | トップページ | パナソニック:スイーベルスタンド搭載65型4K液晶テレビ「4K VIERA EX780」(TH-65EX780) »

パナソニック:55/49/43型4K液晶テレビ「4K VIERA EX750シリーズ」(TH-55EX750/TH-49EX750/TH-43EX750)

パナソニックは、4K液晶テレビ「4K VIERA(ビエラ)」の新機種として、独自技術「ヘキサクロマドライブ」を搭載したスタンダードモデル「EX750シリーズ」をラインナップ。

20170615_panasonic10.jpg

ラインナップは、55型「TH-55EX750」、49型「TH-49EX750」、43型「TH-43EX750」の3機種。

3,840×2,160ドット表示対応4Kパネルや、独自の高画質技術「ヘキサクロマドライブ」を搭載し、人の肌もきめ細やかに再現するなど、忠実に色を再現するとともに、色を参照する補正ポイントを従来比 約7倍に増やすことで、色の忠実性を約3倍向上。鮮やかさと輝度の向上により、高精細な4K映像により臨場感が増しています。超解像技術「4Kファインリマスターエンジン」も備え、4K以下の放送番組、BD/DVD、インターネットの映像を、映像の特性に合わせて高い精度で補正し、高精細な4K画像で視聴できます。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ


また、明部から暗部まで描ききるHDR規格に対応し、新たにBlu-ray Discの新規格「Ultra HD Blu-ray」や、インターネットで配信される4Kビデオ・オン・デマンドの高輝度HDR映像、シーンに最適化した光源制御をすることで、映像の明暗差まで実映像のように再現します。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ


4パネルは、上下/左右178度の広い視野角をもつ高輝度IPS方式。どこの角度から見ても黒が締まって見えるとともに、色彩豊かな広色域映像を見やすく、コントラストの高い映像を表現します。加えて、従来のバックライトエリア制御に加えて、画像処理エンジンによるコントラスト補正を行うことで黒つぶれを改善し、コントラスト性能をさらに高めています。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ


チューナは、地上/BS/110度CSデジタルを3基装備し、録画に対応。別売りの外付けUSB HDDを接続すれば、テレビを視聴しながら、同時に裏の2番組同時録画が可能で、見たい番組が重なっても、録画して後で視聴できます。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ


付属のリモコンには、「アレコレ」ボタンを新たに装備。ボタンを押すと「今見る」一覧と「予約する」一覧を表示し、「今見る」一覧には「放送番組」「録画番組」「VOD」を、一つの画面上に表示させることで、自分の見たいコンテンツを素早く見つけることができます。「予約する」一覧には「ニュース」「バラエティ」などジャンル別番組表から好きなジャンルの番組をかんたんに見つけて予約できます。「今見る」コンテンツはサムネイル付きで表示され、一目でどんなコンテンツかを確認できて便利です。


キーワード設定にも対応。好きなタレント名やジャンルなどを登録しておけば、該当のキーワードに関連するコンテンツを自動的にかき集めてくれるので、今までの番組表では表示されなかったコンテンツに出会うことができるかも。ユーザーに合わせたカスタマイズ機能も充実。列毎の表示・非表示の切替えや表示順の変更など可能。


同社のBlu-ray Discレコーダ「ブルーレイDIGA」と組み合われば更に便利に!リモコンの番組表ボタンを押すことで、従来の未来の番組表に加えて、新たに過去に遡っての番組表(録画一覧)を表示します。ボタン操作で切り替える必要がなくなり、一つの画面上から録画予約と番組再生ができ、操作性が大幅に向上しています。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ


搭載スピーカーは、大容量のスピーカーボックスを採用したフルレンジスピーカーを2基搭載。アンプ出力は最大15W+15Wで、臨場感のある迫力の低音サウンドを再生。また、力強い音を実現する「ダイナミックサウンドシステム」を備えます。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ


ネットワーク機能も充実。無線LANを内蔵し、インターネットに接続すれば、動画配信サービスのNETFLIX、DAZN、Amazonビデオ、dTV、ビデオパス、YouTube、アクトビラに対応。4K動画やHDR動画も視聴できます。

対応する「DIGA」や別の部屋の液晶テレビ「VIERA」で録画した番組を別の部屋やお風呂でも視聴できる「お部屋ジャンプリンク」、本機のリモコン1つでDIGAなどまとめて操作できるビエラリンクなどもサポート。スマートフォン/タブレット専用アプリ「Panasonic Media Access」を使えば、放送中の番組や本シリーズに接続したUSB HDDに録画した番組を、外出先でスマホやタブレットで視聴できます。

パナソニック 4K VIERA EX750シリーズ

リモコンには「マイアプリ」ボタンが新たに設けたことで、自分のお気に入りのアプリをショートカット登録することができ、使いたいときに素早く起動できるようになりました。このほか、USBメモリ内の4K動画を再生する「4Kメディアプレーヤー」、2画面表示、音声操作、省エネ機能「エコナビ」なども搭載。


入出力端子は、HDMI×3(HDMI 1はARC対応)、コンポーネント入力、ビデオ入力、光デジタル出力、ヘッドホン出力、Ethernet、USB 3.0端子、USB 2.0端子×2、SDカードスロットなど装備。リモコン、電源コード、B-CASカード、スタンド(一式)、転倒・落下防止部品(一式)が付属。

55型のサイズは124.4×35.1×77.7cm(幅×奥行き×高さ)、重量は約21.5kg。消費電力は210W、年間消費電力量は152kWh/年。

49型のサイズは110.6×35.1×70.0cmcm(同)、重量は18.5kg。消費電力は170W、年間消費電力量は125kWh/年。

43型は97.4×35.1×62.5cmcm(同)、重量は16.5kg。消費電力は155W、年間消費電力量は114kWh/年。

▼ 購入はコチラで
Panasonic 4K VIERA EX750シリーズ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10456

amanatu.com

Amazonの人気商品