« パナソニック:コンパクトステレオシステム「SC-HC1000」(SC-HC1000-K /SC-HC1000-S) 【5月発売予約】 | トップページ | 富士通テン:1,000セット限定のECLIPSEホームオーディオシステム「CDR1 307パック」/「CDR1 507パック」 »

パナソニック:CDステレオシステム「SC-PMX150」(SC-PMX150-S)/「SC-PMX80」(SC-PMX80-S) 【5月発売予約】

パナソニックは、CDステレオシステムの新機種「SC-PMX150」と「SC-PMX80」を5月19日より発売します。

B06XTB8PR2B06XTNVXDY

CD再生はもちろんのこと、DSD再生にも対応し、幅広い音源を高音質で聞けるハイレゾ音源再生対応のミニコンポ。FM/AMラジオや、スマートフォン/タブレットの音楽をワイヤレスで再生するBluetoothに対応。


DSD再生では100kHzを超える非常に広い再生帯域と、可聴帯域内での十分なダイナミックレンジを同時に確保し、ハイレゾ音源をより忠実に再生することができます。また、USB-DAC機能を搭載しているので、PCと本製品をUSBケーブル(別売)で接続するだけで、PCから再生するハイレゾを含む様々な音源をダイレクトに再生可能。さらに、無料のPC用アプリ「Panasonic Audio Player 2」をダウンロードすればハイレゾ音源の管理や再生ができるようになります。

上位機種の「PMX150」は、44.1kHz/16bitで記録されたCDの信号を、デジタル信号処理によりサンプリング周波数の88.2kHz/32bitまで拡張。高精度のリ.マスター処理でハイレゾ信号に変換し、CDの音楽をオリジナル音源に迫る自然な音質で聴取できます。


また、「内蔵パワーコンディショナー」により、電源からくるデジタルノイズを従来機PMX100比で30%低減。スピーカー出力信号への外部からのノイズ混入を低減し、より高純度な音で再生。さらに、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANを内蔵。「サウンドジャンプリンク」に対応し、Blu-ray Discレコーダ「ブルーレイDIGA」と組み合わせれば、スマートフォンからの簡単な操作で「DIGA」に保存した音楽を本製品で再生することができます。加えて、音楽ストリーミングサービス「Spotify」もサポート。専用アプリ「Spotify Connect」を使って、便利にいい音でSpotifyが楽しめます。

このほか、圧縮音源で失われた高域信号を演算処理して補正して、MP3の音楽をより高音質で再生する「MP3 リ.マスター」を搭載するほか、インターネットラジオが聴けるアプリ「Qualcomm AllPlay Radio powered by TuneIn」や、ワンタッチでお気に入りのネットラジオ局が聴けるプリセット機能(「AllPlay Radio」アプリ対応)を利用可能。

スピーカー部は14cm径コーン型ウーハー、1.9cm径ドーム型ツイーター、1.2cm径ピエゾ型スーパーツイーター(SC-PMX80は1.5cm径)のバスレフ型3ウェイ/3スピーカーシステムを採用。アンプ部の実用最大出力は60W×2ch。

CD部は、対応メディアがCD、CD-R、CD-RW。インターフェイスは、USB接続端子(USB-A)、PC入力端子(USB-B)、ヘッドホン端子、音声入力端子(ピンジャック)を装備。SC-PMX150はLAN端子も備えます。再生可能フォーマットは、CDがCD-DA、MP3。USBメモリなどがMP3、AAC、AIFF、FLAC、WAV、LPCM、ALAC、DSDに対応。

BluetoothはVer 2.1+EDRで、対応プロファイルはA2DP(SCMS-T support)、AVRCP。対応コーデックはAAC、SBC。通信距離は見通し約10m。

サイズは211×267×114mm(幅×奥行き×高さ)、重量は、SC-PMX150が約3kg、SC-PMX80が約2.8kg。本体色はシルバー。リモコン、FM簡易型アンテナ、AMループアンテナ、電源コード、スピーカーコード×2本などが付属。

▼ 予約はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10384

amanatu.com

Amazonの人気商品