« サンコー:スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー(DRVCARC4) | トップページ | サンコー:ペン型赤外線無線カメラ5Mポールセット(WCANLPST) »

サンコー:超高感度ドライブレコーダー(STLGHTC3)

サンコーは、ドライブレコーダの新機種「超高感度ドライブレコーダー」をラインナップ。

B01LVYSZQFB01LVYSZQF

同社のドラレコラインナップの中でも最も高画質撮影ができるドライブレコーダ。また、従来機種のような赤外線LEDライトは搭載されていませんが、暗くなるとカメラが明るさを判断し、自動的に暗視モードに切り替えて高画質で撮影します。今までのドライブレコーダと比べて昼夜問わず、非常にクリアな映像を残すことが可能。


ドライブレコーダの装着方法は、吸盤でフロントガラスに吸着させ、電源ケーブルを車のシガーソケットに差し込むだけ。録画はエンジンのON/OFFと連動し、エンジンスタートすれば、自動的に録画を開始。エンジンを切れば録画を停止します。

コンパクトながら非常に多機能なのも特徴。駐車している時でも衝撃を感知して自動的に撮影をするパーキングモード、決定的瞬間を捕らえた映像を削除しないようにするGセンサー機能を搭載。

20161227_thanko01.jpg


さらに、車線逸脱警報(LDWS)と前方警報機能(FCWS)も備え、 高速道路などで前方の車との距離が著しく狭くなったり、車線を大きく逸脱した際に警報で知らせてくれます。動作検知機能も内蔵。防犯カメラ代わりに使用できます。

20161227_thanko02.jpg


記録メディアは、microSDカード(最大32GB)。撮影の解像度は、動画が1,920×1,080ドット、1,280×720ドット、640×480ドット。静止画が4,032×3,024ドット、3,648×2,736ドット、3,264×2,448ドット、3,264×1,984ドット、2,048×1,536ドット、1,920×1,080ドット、1,280×720ドット、640×480ドット。保存形式は、動画がMOVでコーデックはH.264。静止画がJPEG。撮影データはカードの容量がいっぱいになると、自動的に古いデータから上書きするのでカードを交換する手間が省けます。撮影時間は、32GBのSDカードを使った場合、1,920×1,080ドット撮影で約4時間、1280×720ドット撮影で約6時間、640×480ドット撮影で約12時間。

このほか、2.7インチカラー液晶ディスプレイを装備。録画したデータをその場で再生することができます。別売りのminiHDMIケーブルを使えば、テレビの大画面に出力可能。付属のUSBケーブルを使えばパソコンに繋いでデータのやり取りが行えます。

サイズは85×32×50mm(幅×奥行×高さ)、重量は66g。吸盤アタッチメント、USBケーブル(75cm)、シガーケーブル(350cm)が付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10288

amanatu.com

Amazonの人気商品