« 三菱:冷凍冷蔵庫「置けるスマート大容量 WX/JX/Bシリーズ」 | トップページ | 日立:大容量6ドア冷蔵庫「真空チルド XGシリーズ」 »

三菱:3ドアのスリム冷蔵庫「CXシリーズ」(MR-CX37A/ MR-CX33A) 【10月発売予約】

三菱電機は、3ドアのスリムタイプ冷蔵庫の新機種で、容量365Lの「MR-CX37A」と、330Lの「MR-CX33A」を10月20日より発売します。

20160912_mitsubishielectric01.jpg 20160912_mitsubishielectric02.jpg

幅60cmという置き場所を選ばずに設置できるスリムサイズの3 ドア冷蔵庫の新シリーズ。本体色はパールホワイト(-W)とグロッシーブラウン(-BR)の2色を両機種に用意。

約-3~0度の氷点下でも凍らせずに食材を保存できる独自の「氷点下ストッカー」を3ドアタイプに初めて搭載し、これまでのチルドでは約4日しか保存できなかった牛ひき肉や豚ロース肉の鮮度を約7日間維持できるなど、肉や魚などの生鮮食品の鮮度を長持ちさせることが可能になりました。

また、冷蔵室の床面に製氷用タンク「埋めちゃっタンク」を埋め込み、空いたスペースに冷蔵室の横幅一杯まで広げた「氷点下ストッカー」と「ワイドチルド」を搭載。これにより、食品をたっぷり収納できるようになり、チーズやハムなどの加工食品は「ワイドチルド」に、肉や魚などは「氷点下ストッカー」に保存するなど、それぞれに適した食材を整理して保存できのため、衛生的で食材の臭い移りも抑え、食材の使い忘れや無駄を削減できます。

三菱電機 3ドア片開き冷蔵庫 CXシリーズ


さらに、高効率インバーター圧縮機を備え、きめ細かな温度コントロールで省エネ性と放熱パイプの放熱効率が向上。冷蔵庫内への熱侵入量を削減し、断熱性能を改善しています。運転音も約17dBと静音です。

使用面では、扉を立体的に成形した「フリーアクセスデザイン」を採用。扉の横側はどこをつかんでも開けやすくし、下からも手が掛けられて簡単に開け閉めるように工夫をこらしています。さらに、扉には直線的なシンプルさと高級感のあるシルバーラインを配したことでデザイン性もより一層向上しています。ドアは片開きで、面材は鋼板。

三菱電機 3ドア片開き冷蔵庫 CXシリーズ


MR-CX37Aは、サイズが600×656×1,820mm(幅×奥行×高さ)。定格内容積が365L、冷蔵室が180L、野菜室が70L、冷凍室が80L。

MR-CX33Aは、サイズが600×656×1,698mm(幅×奥行×高さ)。定格内容積が330L、冷蔵室が215L、野菜室が70L、冷凍室が80L。

▼ 予約はコチラで
三菱電機 3ドア片開き冷蔵庫 365L MR-CX37A-W・MR-CX37A-BR
三菱電機 3ドア片開き冷蔵庫 330L MR-CX33A-W・MR-CX33A-BR

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10189

amanatu.com

Amazonの人気商品