« シロカ:全自動コーヒーメーカー「SC-A121」(SC-A121SS-TMF /SC-A121TB-TMF) 【9月発売予約】 | トップページ | 象印:ホームベーカリー「パンくらぶ BB-ST10」(BB-ST10-WA) 【8月発売予約】 »

象印:全自動コーヒーメーカー「珈琲通 EC-NA40」

象印マホービンは、全自動コーヒーメーカー「珈琲通 EC-NA40」をラインナップ。

B014W4WP8Y

ミル機能を搭載し、コーヒー豆を挽いたあとにすぐに抽出し、香りや風味を損なわずにコーヒー本来の挽きたてのおいしさを手軽に味わえる全自動コーヒーメーカー。

使用方法も簡単でミル一体型の本体に、水、コーヒー豆、紙フィルターをセットしてスタートボタンを押すだけ。あとはおまかせでおいしいコーヒーが楽しめます。


豆の挽き目は2段階に調節できる「挽き分けフィルター」と、コーヒーの濃さを好みに調節できる「2段階濃度調節」を組み合わせることにより、同じ豆で4種類の味わいが楽しめます。なお、粉砕・抽出時間の目安は、コーヒーカップ1杯分(約120mL)で約4分、4杯分(約480mL)で約8分。

蒸らし時には、ドリッパーの抽出口を閉じて約20秒間じっくり蒸らすことで、お湯がすみずみまで行き渡り、コーヒーエキスが抽出されやすい状態にします。また、マイコン制御でお湯の通り道を予熱しておき、ヒーターで2回加熱された高温のお湯で抽出する「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」により、コーヒーのコクと香りを引き出すことが可能。

さらに、ドリップ時の熱が奪われにくいよう、素早く温まるステンレス製ドリッパーを採用。ドリッパーとバスケットの間に空気断熱層を作り、高温を保ってドリップすることが可能です。加えて、付属の「ステンレスマホービンサーバー」は、まほうびん構造により、加熱することなく保温し、煮詰まりを防いでおいしさを長持ちさせます。

このほか、サーバーを介さず、直接ステンレスマグやコーヒーカップなどにも抽出できるので、洗い物も減らせます。ミルケース内部についたコーヒー粉を抽出時のお湯で毎回流しながら抽出するので、日々のお手入れも簡単。ミルケースと水タンクは取り外して、丸洗いできます。

サイズは24×25×37.5cm(幅×奥行×高さ)、重量は約4.5kg。電源コード長は1.3m。水タンク容量は0.54L(コーヒーカップ約4杯)、消費電力は750W。本体色はブラック。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10154

amanatu.com

Amazonの人気商品