« 日立:サイクロン掃除機「パワーブーストサイクロン CV-SD900」など | トップページ | 東芝:コードレスサイクロン掃除機「TORNEO V cordless VC-CL1300/ VC-CL300」 »

東芝:サイクロン掃除機「TORNEO(トルネオ) V VC-MG910/VC-MG710」(VC-MG910-N/VC-MG910-R/VC-MG710-P)

東芝ライフスタイルは、キャニスター型サイクロン掃除機「TORNEO V」の新機種「VC-MG910」と「VC-MG710」を8月1日より発売しました。

B01IBHTRKMB01IBHTX4MB01IBHTU8Q

いずれも、軽量のグラスファイバー素材の自走式パワーヘッドに、汚れが付きにくいようにフッ素加工処理を施したブラシ毛を新たに採用した「イオンファイバーヘッド」を搭載したのが特徴。従来機種と比較して約20%増量したブラシ毛の使用したことで床拭き取り性能も約20%向上し、ブラシ毛を柔らかくすることで、綿ゴミが絡みにくく進化。ヘッドを往復させた箇所の床の菌も約99%除去します。

集じん方式は、排気とゴミの遠心分離するサイクロン方式。排気からミクロのゴミを99.9%まで遠心分離が可能で、吸引力を99%以上持続させる「バーティカルトルネードシステムクリア」を採用。遠心分離部は、分解が可能で、中まで水洗いできます。また、ダストカップは、同社の洗濯機で採用されている洗濯槽「マジックドラム」と同じ親水性コーティングを一部に施し、水洗いだけで粉ゴミを洗い流せます。さらに、モーターケースから微細な塵を逃さない構造と高集塵フィルターにより、0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵を実現。


便利機能として、ゴミの有無を判別する「ゴミ残しまセンサー」を搭載し、手元のランプでゴミの有無を確認しながら掃除できるため、細かいゴミが見えにくい絨毯やベッドの下などの掃除の際に、ゴミの取り残しを確認しながら掃除を行えます。節電ストップ機能付き「エコモード」も備えます。

このほか、本体の横転が起きにくくなるようホースの根元が回転する「ねじれんホース」、ちょっと手を離したい時に本体に延長管を立てて置ける「ちょいとスタンド」、家具の下も見やすい、LEDライト付きの「ワイドピカッとブラシ」、ヘッド、延長管を外せば、狭いすき間やソファの上も簡単にお掃除できる「2WAYブラシ」など採用。

サイズは220×322×276mm(幅×奥行×高さ)、重量は3.2kg(本体のみ)。集じん容積は0.4L。吸込仕事率は200W~約50W。運転音が64dB~約58dB。すき間ノズル、お手入れブラシが付属するほか、VC-MG710にはふとんブラシ付き。

VC-MG910には、ふとんブラシの代わりに振動でハウスダストが取りやすい「電動ふとんブラシ」を用意。ロングブラシ、伸縮ロングノズル、付属品用ホースを使って高い位置にあるエアコンの室内機の上や家具と壁のすき間などの手の届きにくいところを掃除できる「アタッチメントセット」も同梱。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10175

amanatu.com

Amazonの人気商品