« 東芝:自走式ブラシ搭載 紙パック式掃除機「VC-PG316」(VC-PG316-R) | トップページ | グリーンハウス:ポップコーンメーカー「GH-POPAシリーズ」(GH-POPA-R/ GH-POPABL) »

東芝:容量30Lの過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム ER-PD7000」(ER-PD7000-R/ ER-PD7000-W) 【8月発売予約】

東芝ホームテクノは、過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」の新機種「ER-PD7000」を8月上旬より発売します。

総庫内容量30L以上のオーブンレンジにおいて、奥行きサイズが業界最小サイズとなる39.9cmを実現した過熱水蒸気オーブンレンジ。ハンドルを含めた奥行きも44.2cmなため、一般的なモジュールサイズである奥行き45cmのレンジ台に置いても、ハンドルが邪魔にならない設計です。また、上方のみ10cmの隙間があれば背面と左右の壁面は壁にピッタリ付けて設置が可能。


オーブン調理では、庫内に熱風をすばやく循環させる湾曲天井が特徴的な石窯ドーム構造の「石窯ドームシステム」を搭載。さらに、ワイド庫内のすみずみまで熱風を行き渡らせるために「上下2段の横ワイド熱風」と、四隅も丸くすることで熱風循環が促進する「ラウンド石窯ドーム構造」を新たに採用。加えて、庫内のセラミックコーティングによる遠赤外線「庫内まるごと遠赤」により、350度という高温で調理が可能になり、200度まではわずか約5分で予熱できます。周囲にスリットを設けた「遠赤包み焼き角皿」は、上下2段の調理でも、熱風が庫内上下に循環するため、食品を前後左右から包み込んで焼き上げることができます。

20160615_toshiba01.jpg


スチーム調理では、庫内温度の上昇に合わせスチーム発生量を増加させる新制御「石窯スチームコントロール」を搭載し、従来機種より少ない給水量で蒸し調理が可能。庫内温度が低い加熱開始直後は、スチームを減らして庫内の結露を抑え、庫内の温度上昇に応じてスチームの発生量を増やしていきます。また、蒸しの性能を損なうことなく、庫内の結露を抑え、調理終了後に水受けにたまる水の量も少なくします。このほか、スチームを利用することで、表面をサクッと中はふっくら焼き上げる「スチームトースト」を新たに搭載。

20160615_toshiba03.jpg


レンジ調理では、2つのセンサーを組み合わせた「高精度ダブル赤外線センサー」を新搭載。スイングする8つ目赤外線センサーにより庫内の1024カ所を検知し、庫内の中央部分を連続的に検知する「センター赤外線センサー」を組み合わせることで、小分け冷凍/少量解凍/すばやく解凍するの「3つの解凍」などが利用できるようになるほか、あたため、解凍はムラを抑えてスピードアップを実現。

20160615_toshiba02.jpg


操作面では、調理、設定などを簡単に選べるタッチ式の4.3型カラー液晶を、同社の30L以上のオーブンレンジで初めて採用。ホワイトバックライト表示対応で、約6mmの文字を標準文字サイズとし、横長の画面には、横70×縦35mmの大きな料理画像を表示。料理画像を見ながら、メニューを決めてスタートすれば、面倒な時間や温度設定はすべてお任せで自動調理します。

自動メニューの選び方は、「お料理選択」、「食材」、「メニュー番号」、「50音」、「献立選び」、「レシピ付きメニュー」の6通りから選べます。メニュー数は、焼き物96メニュー、ノンフライ17メニュー、同時調理19メニュー、蒸し物・煮物55メニュー、スピードメニュー63メニュー、パン100メニュー、スイーツ100メニューの計450メニューを用意。その中には、付属の深皿を使った53メニュー、料理教室のABCクッキングスタジオと共同開発した42メニューが含みます。付属のレシピ集には、ABCクッキングスタジオと共同開発した食物繊維が豊富な食材を使ったレシピ等健康レシピ9レシピを掲載。

20160615_toshiba04.jpg


お手入れが簡単な「とれちゃうコート」、庫内が見やすい「2段LED庫内灯」、扉が「ガラストップデザイン」とスムーズに閉まる「スマートダンパー扉」なども装備します。省エネ機能として、調理終了後、扉を開けてから2分後に自動で電源が切れる「オートパワーOFF」を備えます。

20160615_toshiba05.jpg


主なスペックは、スチーム給水方法は給水タンク式。消費電力は1,430W。出力は、レンジ機能が1,000W、600W/500W連続、200W相当、100相当。オーブン機能が1,410W。グリルが1,100W。スチームが1,000W。温度調節範囲は、オーブンが100~300度/350度、過熱水蒸気が100~250度/300度、発酵が30/35/40/45度、スチーム発酵が30/35/40/45度、低温蒸しが35~95度。

サイズは、外側が49.8×39.9(44.2(ハンドル含む))×39.6cm(幅×奥行×高さ)、庫内が39.4×31.4×23.2cm(同)。重量が約21kg。本体色はグランホワイト、グランレッドの2色。



下位機種として、奥行きサイズが39.9cmで、153種類の自動メニューや大型ホワイトバックライト液晶など搭載の「ER-PD5000」を9月上旬に、オーブン温度が最高300度で108種類の自動メニューなど搭載の「ER-PD3000」を8月下旬に発売します。

▼ 予約はコチラで
東芝 「石窯ドーム」 ER-PD7000-R グランレッド ERPD7000R
東芝 「石窯ドーム」 ER-PD7000-W グランホワイト ERPD7000W

東芝 「石窯ドーム」 ER-PD5000-R グランレッド ERPD5000R
東芝 「石窯ドーム」 ER-PD5000-W グランホワイト ERPD5000W

東芝 「石窯ドーム」 ER-PD3000-R グランレッド ERPD3000R
東芝 「石窯ドーム」 ER-PD3000-W グランホワイト ERPD3000W

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10107

amanatu.com

Amazonの人気商品