« siroca:ノンフライオーブン「SCO-501」(SCO-501RD /SCO-501WH) | トップページ | コイズミ:オーブンレンジ「Gourmena(グルメナ) KOR-6000」 »

東芝:容量26Lのスチームオーブンレンジ「石窯ドーム ER-ND200」

東芝ホームテクノは、スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」の新機種として、庫内容量26Lの「ER-ND200」をラインナップ。

B019XMOF4W

お惣菜173、パン60、スイーツ67の合計300種の自動メニューを搭載した過熱水蒸気オーブンレンジ。時間や温度設定不要でお任せで調理してくれる自動メニューは、「料理のカテゴリー」、「食材」、「メニュー番号」、「50音」から選択できるほか、石窯メニュー、ノンフライといった「おすすめ」からも選択可能。自動調理300メニューの中には、ノンフライメニュー10、手軽に短時間で調理できるお手軽メニュー65、料理教室のABCクッキングスタジオと共同開発した12メニューが含まれています。

また、新機種では新たにタッチ式4.3型カラー液晶を搭載し、調理、設定、お手入れを画面にタッチするだけで簡単に選べます。メニューの選択は、料理画像を見ながら、メニューを決めて開始すれば、面倒な時間、温度の設定はすべてお任せで調理。

20160606_toshiba01.jpg


本体の総庫内容量は26L、間口幅39cmの広い庫内に、食品の出し入れがしやすく、手入れしやすいフラットな庫内底面の「ワイド&フラット構造」を採用。さらに、湾曲天井の「石窯ドーム構造」に、湾曲した埋め込み式天井ヒーターを装備し、最高の270度の高温で石窯のように、すばやく表面を焼き上げ、旨みや水分を逃さず閉じ込めて焼き上げることができます。

20160606_toshiba03.jpg


加えて、ヒーターが湾曲しているため、熱が食品側に集まり、壁面側に熱が逃げにくくなることで、食品を効率的に加熱が可能。セラミックコーティングの庫内壁面から発生する遠赤外線が、食材を包み込むように焼き上げます。トースター機能も用意。

20160606_toshiba02.jpg


レンジ機能では、スイングする動きで庫内をくまなく確認する赤外線センサーにより、食品の表面温度を検知しながら温めます。あたため温度は-10度から90度まで5度刻みで設定でき、食材に応じた温めることで、湯煎の代用にもなります。解凍では、ひき肉をほぐす、薄切り肉がはがせる状態で解凍する「スチーム全解凍」、包丁で切りやすく調理しやすいかたさまでスピーディーに解凍する「お急ぎ全解凍」、包丁が入りやすく、中が少し凍った状態に仕上げ、食卓に出す頃に食べごろになるように解凍する「さしみ(半解凍)」の「3つの解凍」機能を用意。

20160606_toshiba04.jpg


このほか、清掃の手間を減らせるように、天井ヒーターを埋め込み式にしたほか、庫内(扉部と底面を除く)と角皿は、微細な粒子のセラミックコーティング「とれちゃうコート」を施し、調理後に付いた調味料汚れ、油脂汚れなどを簡単に落とすことができます。角皿も同コーティングにより、オーブンシートなしでも食材がこびりつきにくくなっています。さらに、スチームで汚れを浮かす「手間なしお手入れ」オートも機能も備えます。

外側サイズは480×395×350mm(幅×奥行×高さ)、庫内サイズは376×320×213mm(同)、重量は約16kg。消費電力は、レンジ使用時が1,430W、オーブン使用時が1,340W。ヒーター出力は1,300W、グリルヒーター出力は1,040W,スチームヒーター出力は350W。温度調節範囲は発酵が30/35/40/45度、オーブンが100~270度、過熱水蒸気調理が100~250度。年間消費電力量は73.4kWh/年。

本体色はグランホワイト(w)。角皿(鉄板)×1枚、焼網×1枚が付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10097

amanatu.com

Amazonの人気商品