« コイズミ:オーブンレンジ「Gourmena(グルメナ) KOR-6000」 | トップページ | アイリスオーヤマ:電子レンジ「グリルクックレンジ IMBY-T17」 »

SHARP:ウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XP2WF」(AX-XP2WF-R)

シャープは、ウォーターオーブン「ヘルシオ」の新機種として、スマートフォンと連携できる「AX-XP2WF」をラインナップ。

独自の「ウォーターヒート技術」搭載した、庫内容量30Lのオーブンレンジ。過熱水蒸気で焼くことより、余分な油や塩分を落とすことができ、ヘルシー調理が楽しめます。


新機種では、無線LANモジュールの内蔵と音声認識機能を搭載しており、使いたい食材や料理のジャンルを本機に話すだけで、最適なメニューを提案してくれるため、毎日の献立のメニューづくりに役立ちます。好みのメニューが決まれば、自動調理データをインターネットを通じて本体にダウンロードして登録し、そのまま調理できます。また、調理終了後にメニューの評価を音声対話で登録可能。使用者の間で評価の高いメニューは、「高評価メニュー」にてランキングの上位に表示されます。

20160608_sharp01.jpg


さらに、無料アプリ「ココロボ~ド」をスマートフォンにダウンロードし、無料の「SHARP i CLUB」に会員登録すれば、ヘルシオと連携が可能になります。このアプリを活用することで、外出先からでもメニューの自動調理データをダウンロードできるほか、外出先で決めた献立のメニューをヘルシオに自動調理データをダウンロードしておけるため、帰宅後すぐに調理できます。加えて、メニューの食材リストから不足している食材を選ぶだけで「買い物リスト」を自動的に作成。リストを外出先で確認できるので、買い忘れも防ぐことができるので、これまた便利!

20160608_sharp02.jpg


調理機能では、「ウォーターヒート技術」に加え、新たに「赤外線ムーブセンサー」や「温度センサー」を組み合わせた「まかせて調理」を搭載し、冷凍と冷蔵、常温の食材が混在しても、食材の分量の多少など関係なく自動調理します。


庫内天面に設置した「赤外線ムーブセンサー」は、右、中央、左のエリア別に食材の温度を検知することにより、食材の状態にあわせて過熱水蒸気の量を制御。加熱後、「温度センサー」が温度の上がり具合から、食材の量を検知し、加熱時間を調整して自動で仕上げるという仕組みです。

このほか、上段集中加熱により、8~10分で調理できるスピードメニューは100種類を用意しい、時短で簡単に調理できます。また、2種類の手動オーブン機能(熱風コンベクションオーブン/ウォーターオーブン)で300度というハイパワー設定を実現。熱風や過熱水蒸気を効率よく循環させるシステムと高い庫内密閉性との組み合わせで、予熱温度まで一気にすばやく加熱が可能です。音声認識機能により、手動での加熱も、本機に話すだけで設定ができるので、調理中、手が汚れているときでも、あまり画面に触れずに操作できるので大変便利。


庫内幅はワイドな41cmで、サンマもまるごと切らずに調理できるほか、2段調理にも対応。液晶画面は4.3型カラー液晶でタッチパネル式。本体の設置は背面・側面壁ピッタリの省スペースを実現。

サイズは490×430×420mm(幅×奥行×高さ)、重量は約25kg。消費電力は、レンジが1,460W、オーブン/グリルが1,410W。レンジの高周波出力は1,000/600/500/200W相当(出力切替)。オーブン温度調節範囲は、発酵が30/35/40/45度、オーブンが100~250/300度。

本体色はレッド系(-R)。角皿2枚、調理網2枚、ミトン(1組)、取扱説明書兼クックブック、別冊クックブック、別冊クラウドサービスガイドが付属。

▼ 購入はコチラで
SHARP ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XP2WF-R(AXXP2WFR)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10099

amanatu.com

Amazonの人気商品