« ダイソン:コードレス型スティッククリーナー「Dyson V6 Animalpro」(SV08MHCOM) | トップページ | ダイソン:コードレスクリーナー「Dyson V6シリーズ」 »

ダイソン:初のロボット掃除機「Dyson 360 Eye」(RB01NB /RB01NF)

ダイソンは、同社初のロボット掃除機「Dyson 360 Eye」をラインナップ。

独自のモーターや、強力なサイクロンテクノロジー搭載したロボット掃除機。掃除機上面のボタン1つで運転を開始。直列に備え付けられた赤外線センサーにより、障害物を検知して避けて掃除をします。

独自のマッピング機能「360°ビジョンシステム」も備え、本体上部に内蔵された「ライブビジョンカメラ」が45度の角度で1秒あたり30枚の静止画を撮影し、位置確認とマッピングの同時処理を行うソフトウェア「SLAM」によって、部屋の360度のパノラマビューを素早く作成。このパノラマビュー画像をもとに、壁/インテリア/部屋の角などの部屋の特徴を正確に把握し、現在の位置や既に掃除をした場所や次に掃除すべき場所を常に考えながら効率よく掃除します。


搭載モーターは、小型軽量ながら毎分最大78,000回転の高速回転でパワフルな吸引力を実現する「ダイソン デジタルモーター V2」を採用。少ない消費電力で、従来のロボット掃除機にはない、高い吸引力を実現。

また、8個のサイクロンで風量を増幅させ、強い遠心力で微細な粒子も空気から分離させる独自サイクロンテクノロジー「Radial Root Cyclone(ラジアルルートサイクロン) テクノロジー」を装備。ホコリやチリ、微粒子などはクリアビンに捕らえます。クリアビンは、すばやく簡単にゴミ捨てが可能。クリアビンは透明のため、ゴミ捨てのタイミングが一目で分かるようになってます。

モーターで駆動するブラシバーは機体の全幅サイズとなっており、一度でより広範囲の掃除を実現。同社のキャニスター型掃除機と同じく、最新のクリーナーヘッドテクノロジーを採用し、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシがフローリングから微細なホコリを取り除き、硬いナイロンブラシがカーペットの奥からゴミを掻き取ります。さらに、ベルト駆動式転輪の採用により、あらゆる床面でも速度と方向を維持し、簡単に障害物を乗り越えることが可能。

このほか、スマートフォン/タブレット向けにiOS/Android対応アプリ「DysonLink」を提供。これを使用すれば、外出先からロボット掃除機の運転操作が行えるほか、スケジュール予約機能が利用できます。

電源は、充電式リチウムイオン電池を内蔵。充電時間は2時間で、連続使用時間は20分間。自動充電機能を搭載し、バッテリ残量が残り少なくなると、掃除機が自動的に充電ドックへ戻り、充電完了後に掃除を再開します。

サイズは約242×230×120mm(幅×奥行×高さ)、重量は2.37kg。本体色はニッケル/ブルー、ニッケル/フューシャの2色。

▼ 購入はコチラで
dyson 360 Eye RB01NB ニッケル/ブルー
dyson 360 Eye RB01NF ニッケル/フューシャ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10057

amanatu.com

Amazonの人気商品