« SONY:4K液晶テレビ「4K BRAVIA X9350D/X9300D/X8500D」シリーズ 【5月発売予約】 | トップページ | 三菱:BDレコーダ内蔵40V型液晶テレビ「REAL A-BHR8シリーズ」(LCD-A40BHR8) 【4月発売予約】 »

SONY:ハイレゾ音源対応サウンドバー「HT-NT5」(HTNT5) 【5月発売予約】

ソニーは、ハイレゾリューション・オーディオ音源の再生が可能な薄型デザインのホームシアターシステム
サウンドバー「HT-NT5」を5月21日より発売します。

20160414_sony.jpg

CD音源よりも高音質なハイレゾ音源再生の高音質性能を実現しながら、高さ 約58mm(フロントグリル装着時64mm)の薄型デザインを両立したサウンドバー。

テレビの前にも設置しやすく、インテリアにも馴染む薄型デザインのバースピーカー部には、トップトゥイーター、ウーファー、フロントトゥイーターを縦一直線に並べて配置。各スピーカーユニットから出る音のズレやバランスを補正することで、薄型デザインとハイレゾ対応の高音質性能の両立させてます。

また、サブウーファー部には、Σ(シグマ)型磁気回路を採用することで、歪みが少なくパワフルな低音の再生が可能。加えて、ホームネットワーク内の複数の対応機器を連動させる「SongPal Link(ソングパルリンク)」が進化し、新たにワイヤレスサラウンド機能を追加。別売りのワイヤレスサラウンド対応スピーカーをリアスピーカーとして組み合わせることで、より臨場感のあるリアルサラウンドをワイヤレスで楽しむことができます。

20160414_sony02.jpg


デジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し、出力は75W×2、35W×2、25W×2の3ウェイ。サブウーファは130Wで、DTS-HD Master Audio、ドルビーTrueHDなどに対応。リニアPCMは2ch/5.1ch/7.1chの再生をサポート。

さらに、4K/HDRパススルーにも対応し、最新の4K/HDR対応液晶テレビ「BRAVIA X9350D/X9300D/X8500D」シリーズなどと組み合わせることで、Ultra HD Blu-rayソフトに記録される映像と音声双方を最上位フォーマットのまま再生が可能です。

インターフェイスは、HDMI入力×3、HDMI出力、光デジタル入力、ステレオミニ入力を装備。

サイズは、サウンドバーが1,080×127×64mm(幅×奥行×高さ)、サブウーファは約190×386×382mm(同)。重量は、サウンドバーが約3.2kg、サブウーファが約8.1kg。ワイヤレスリモコン、1.5mのHDMIケーブル(4K/60p、18Gbps対応)、壁掛け用ブラケット×2、ネジ×2、グリル脱落防止用フック×2などが付属。

▼予約はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10029

amanatu.com

Amazonの人気商品