« パナソニック:4K/HDR対応の液晶テレビ「VIERA DX750シリーズ」など | トップページ | SKNET:14型ハイビジョン液晶テレビ「SK-DTV14JWB」 »

パナソニック:お部屋ジャンプリンク対応の液晶テレビ「VIERA D320/D300シリーズ」

パナソニックは、液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」の新機種で、お部屋ジャンプリンクに対応した「D320シリーズ」と「D300シリーズ」をラインナップ。

B01ABMJFCKB01ABMJFKC

B01ABMJF6QB01ABMJFOI

B01ABMJFLGB01ABMJFIO

D320シリーズは、32V型「TH-32D320」と、24V型「TH-24D320」の2モデル。D300シリーズは、49V型「TH-49D300」、43V型「TH-43D300」、32V型「TH-32D300」、24V型「TH-24D300」の4モデルを用意。

いずれも、同社ではお馴染みの「お部屋ジャンプリンク機能」に対応し、別室のBlu-ray Discレコーダ「DIGA(ディーガ)」や、サーバー機能搭載の液晶テレビ「VIERA」で録画した番組をホームネットワーク経由で再生可能。

また、アンテナ線の無い部屋でも、「放送転送機能」のある「VIERA」や「DIGA」から転送された放送番組を、ほぼリアルタイムで視聴することができます。小型の24V型サイズにも「お部屋ジャンプリンク」に対応させたことで、寝室などスペースの小さな部屋でも様々な番組が楽しめます。

49/43/32V型には視野角が広く斜めから見ても鮮明なIPSパネルを採用。さらに、49/43V型にはフルHD対応パネルを装備しているので、高解像度なフルハイビジョン放送をそのままの解像度で視聴できます。

D320/D300シリーズの違いは、D320シリーズが地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2基搭載したダブルチューナ構成となっており、番組を視聴しながらUSB HDDへの裏番組録画が可能。対して、D300シリーズはシングルチューナとなり、視聴中の番組をUSB HDDに録画したり、留守録に対応します。また、D320シリーズのみにIEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANを標準搭載します。USB HDDに録画した番組は、LAN経由で接続している「DIGA」にダビングできるので、BDやDVDへ長期保存が可能です。

このほか、HDMIケーブルのコントロール信号を活用し、リモコンでDIGAを操作ができる「ビエラリンク」に対応するほか、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)もサポートし、ホームシアターと接続可能。映像配信サービス「アクトビラ」も利用できます。VIERAが自動的に節電する省エネ機能「エコナビ」も完備。

インターフェイスは、HDMI入力×2、D4入力(24型除く)、コンポジット、ヘッドフォン出力、Ethernet、USB端子など装備。内蔵スピーカー出力は、49/43型が20W×2ch、32型が10W×2ch、24型が6W×2ch。

D300シリーズのサイズと重量は、32型が73.4×18.4×47.8cm(幅×奥行き×高さ)で約6kg、24型が56.2×18×40.9cm(同)で約5kg。

D300シリーズのサイズと重量は、49型が110.6×26×68.9mm(同)で14.5kg、43型が97.3×24.7×61.4mm(同)で12kg、32型が73.4×18.4×47.8cm(同)で約6kg、24型が56.2×18×40.9cm(同)で約5kg。

リモコン、単3形乾電池×2、電源コード、B-CASカード、スタンド(一式)、転倒・落下防止部品(一式)がそれぞれに付属。

▼ 購入コチラで
Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32D320
Panasonic 24V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-24D320

Panasonic 49V型 フルハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-49D300
Panasonic 43V型 フルハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-43D300
Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32D300
Panasonic 24V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-24D300

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/10001

amanatu.com

Amazonの人気商品