« 東芝:Blu-ray Discレコーダ「レグザブルーレイ DBR-T660/DBR-T650/DBR-Z620/DBR-Z610」 | トップページ | パナソニック:全録対応ハイビジョンBlu-ray Discレコーダ「全自動DIGA DMR-BRX6000/DMR-BRX4000/DMR-BRX2000」 »

東芝:Blu-ray Discプレイヤー「レグザブルーレイ DBP-S600」

東芝ライフスタイルは、Blu-ray Discプレイヤーの新機種「レグザブルーレイ DBP-S600」をラインナップ。

東芝 ブルーレイプレーヤーTOSHIBA REGZA レグザブルーレイ DBP-S600

市販のBD/DVDビデオ再生はもちろんのこと、液晶テレビ「REGZA」やBDレコーダなどと連携し、自宅のネットワーク経由で録画番組なども再生できるBDプレーヤー。

新機種では、DVDなどのSD映像をより精細感の高いフルHD画質に補正し、高画質で再生する「XDE(eXtended Detail Enhancement)」機能を搭載。BDを映画本来の動きで視聴できる1080/24p出力や、ドルビーTrueHDやDTS-HD Master AudioなどのHDオーディオ出力も対応。ビットストリーム/PCMでのHDMI出力にもサポートし、対応したアンプとHDMI接続することで、迫力の7.1chサラウンドが楽しめます。

さらに、ホームネットワークを利用して、REGZAやBDレコーダ「レグザブルーレイ」で録画した番組を、本機をつないだ別室にあるテレビで見ることができるほか、「タイムシフトマシン」対応の「REGZA」や「レグザサーバー DBR-T670」で録画した番組の場合は、過去番組表形式から選ぶだけで、簡単に番組を探すことができます。

また、「ざんまいプレイ」対応のREGZA/レグザブルーレイ/レグザサーバーと連携すれば、ユーザー好みに分類された番組も別室で楽しめます。加えて、「おまかせプレイ」対応機種と連携すれば、本編部分だけを自動で再生することが可能。

ホームネットワークに接続するためのEthernetを装備。別売りの無線LANアダプタ「D-WL1」を使用すれば無線化できます。このほか、前面にUSB端子が用意されており、USBメモリを接続すればJPEG画像を表示することができます。USB接続のSDカードリーダを使えばカードに記録したAVCHD方式の映像の再生も行えます。

サイズは280×197×41mm(幅×奥行×高さ)、重量は約1.0kg。インターフェイスは、HDMI出力、USB端子、Ethernetを実装。消費電力は動作時10W、待機時0.3W。ワイヤレスリモコン、リモコン用電池(単四形×2個)が付属。

▼ 購入はコチラで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/9996

amanatu.com

Amazonの人気商品