« 東芝:ハイレゾ対応CDラジオ「TY-AH1000」(TY-AH1000S) 【3月発売予約】 | トップページ | TEAC:ハイレゾ対応CDマイクロコンポ「HR-X101」(HR-X101-SC) »

パナソニック:コンパクトステレオシステム「SC-HC395」/「SC-HC295」

パナソニックは、薄型デザインが特徴的なコンパクトステレオシステムの新機種「SC-HC395」と「SC-HC295」をラインナップ。

B01ARFP6WOB01ARFP6K6B01ARFP728

B01ARFP6J2B01ARFP6LA

CD/ラジオ/スマートフォンなどの音楽を再生可能な薄型・スタイリッシュなデザインのコンパクトステレオシステム。

ハイクオリティサウンドを実現する機能として、圧縮音源で失われた高域信号を演算処理して補正する「MP3 リ.マスター」を新たに搭載。また、Bluetooth機能を内蔵し、スマートフォンやタブレットなどのBluetooth対応機器に保存した音楽を高音質でワイヤレス再生できる「Bluetooth リ.マスター」を備えます。NFCにも対応し、対応するAndroidスマートフォンを、本機にタッチするだけで簡単にペアリングが完了します。さらに、ラジオ機能では、FM・AMラジオに加え、AMラジオ番組がFM放送で聴ける「ワイドFM」もサポート。

このほか、歪みを低減し、重低音をより効果的に再生する「XBS Master」、お気に入りのサウンド設定で再生可能な「マイサウンド設定」、寝室で便利な「おやすみタイマー」「おめざめタイマー」など搭載します。パナソニックのポータルアプリ「Panasonic Smart App」にも対応。「Panasonic Music Streaming」アプリのダウンロードや起動、取扱説明書の閲覧やお役立ちサービスの利用が可能になります。

「SC-HC395」は、スピーカーコーンにナノサイズに微細化した剛性の高い竹繊維を採用し、クリアでキレのある音質を再現する6.5cm径フルレンジの「ナノバンブースピーカー」や、前後に対向して配置した8cm径パッシブラジエーターでダイナミックな重低音を響かせる「Wパッシブラジエーター」を搭載。

パナソニック コンパクトステレオシステム SC-HC395


さらに、実用最大出力が20W×2chの高性能アンプ「LincsD-Amp II」も備え、臨場感あふれる音を再現可能。本体のフロントパネルには高級感あふれるステンレスメッシュを採用します。

サイズは500×92×205mm(幅×奥行×高さ)、重量は約2.5kg。本体色は、シルバー、ブラック、ホワイトの3色。

「SC-HC295」は、「ナノバンブースピーカー」「Wパッシブラジエーター」「LincsD-Amp II」など省いた下位モデル。スピーカーユニットは8cm径フルレンジで、アンプ部の実用最大出力が10W×2ch。

パナソニック コンパクトステレオシステム SC-HC295


サイズは400×107×197mm(同)、重量は約1.9kg。本体色は、レッドとホワイトの2色。

全商品にFM簡易型アンテナ×1本、AMループアンテナ×1個、 電源コード×1本、リモコン×1個、リモコン用乾電池(単3形)×1本が付属。

▼ 購入はコチラで
パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 シルバー SC-HC395-S
パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 ブラック SC-HC395-K
パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 ホワイト SC-HC395-W

パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 レッド SC-HC295-R
パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 ホワイト SC-HC295-W

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/9987

amanatu.com

Amazonの人気商品