« JVC:ウッドコーン採用コンポ「EX-HR9」「EX-HR7」「EX-HR5」 | トップページ | X-STYLE:マルチレコードコンポ「EB-XS001LP」/「EB-XS100LP」 »

KENWOOD:Bluetooth搭載オーディオシステム「UK575B」シリーズ 【9月発売予約】

JVCケンウッドは、「KENWOOD(ケンウッド)」ブランドで、Bluetooth接続に対応したコンパクトHi-Fiシステムの新機種「U-K575」シリーズを9月上旬に発売します。

先行機である「U-K525」の基本コンセプトを踏襲しながら、新たにBluetoothにも対応し、Bluetooth機能を搭載したスマートフォン/タブレット、ノートPCなどの音楽をワイヤレスで再生できるのが特徴。

通信方式はBluetooth 3.0+EDR(Class2)。NFCにも対応し、対応するスマートフォンならワンタッチでペアリングが行えます。コーデックはSBCのほか、音質劣化の少ない高音質コーデックapt-X、AACをサポート。

アンプの最大出力は20W×2chで、立体感ある音場を再現するバーチャルサラウンドモードを用意。アンプ部には、プリ段からパワー段までデジタル構成とした「フルデジタルプロセッシング」を採用。ノイズなどを排除し、高精度な信号増幅を可能とし、きめ細かな音楽再生が楽しめます。さらにオーディオ回路から十分な空間距離を確保する電源分離構造と電源部専用のシールドケースを使用することで、互いの干渉を抑え、アンプ部の高精度な信号増幅を実現。

本体は、2mm厚の高剛性アルミ材を使用。オリジナル形状のバイブレーションコントロールシャーシとの相乗効果で、振動を大幅に抑え、音質への影響を低減することでよりなめらかなサウンドを再生可能。外観デザインは洗練されたラウンドフォルムを採用。

20140831_U-K525-01.jpg 20140831_U-K525-02.jpg

スピーカー部は、新開発の80mm径コーン型のフルレンジユニットを搭載。中央部のダストキャップにクロスを新しく採用し、形状を変えることで音の抜け感を高めています。また、不要振動を抑える多層コーティング素材を振動板に採用し、クリアなサウンドを実現。加えて、MDF材で作られた高剛性スピーカーキャビネットを採用し、共振を防ぎながら、自然な音場再生を可能としています。ダクトをキャビネットの外に配置するロングエグゾースト・ダクトも備え、迫力の重低音再生を実現。

CDプレイヤー部は、音楽CD、CD-R/RW(CD-DAフォーマット)に対応。USB 2.0端子も備え、USBメモリ内のMP3/WMA/AAC形式の音楽データを再生できます。FMステレオ(76MHz~90MHz)も内蔵。

サイズは390×277.5×119.5mm(幅×奥行×高さ)、重量は5.4kg。消費電力は定格25W、待機時0.5W以下。カラーは、ブラックとシルバーの2色を用意。リモコン、FM室内アンテナ、電源コードなど付属し、価格は40,000円前後(税抜)。

▼ 予約はコチラで
【楽天】
KENWOOD コンパクトシステム U-K575-B ブラック
KENWOOD コンパクトシステム U-K575-S シルバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/9408

amanatu.com

Amazonの人気商品