« JVC:TV用ワイヤレススピーカー「みみ楽 SP-A850」 | トップページ | KENWOOD:Bluetooth搭載オーディオシステム「UK575B」シリーズ 【9月発売予約】 »

JVC:ウッドコーン採用コンポ「EX-HR9」「EX-HR7」「EX-HR5」

JVCケンウッドは、JVCブランドで独自のウッドコーンスピーカーを搭載したコンポの新機種「EX-HR9」「EX-HR7」「EX-HR5」を発売中です。

JVC iPod/iPhone対応 USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-HR9

JVC iPod/iPhone対応 USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-HR7JVC iPod/iPhone対応 USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-HR5

全モデルに優れた音響特性を備える“木”を振動板を用いた独自の「ウッドコーンスピーカー」採用し、CDやUSBなどに収録された音源をスタジオマスタークオリティに迫るサウンドを再現するオーディオシステム。

また、高効率で高精度な信号増幅を可能にする高音質デジタルアンプNew「DEUS」、およびデジタル高音質化技術New「K2テクノロジー」を搭載し、広帯域な再生を実現と、より細やかな音楽表現を可能にしたという。

New「DEUS」は、デジタルとアナログのフィードバックを組み合わせたハイブリッドフィードバックを採用し、電源変動による影響を抑制。S/N比やひずみ率などを改善されたことで、繊細な響きや余韻などを忠実に再現します。

New「K2テクノロジー」は、デジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を進化させたもので、音声フォーマットに応じて、自動的に最適な「ビット拡張」「帯域拡張」「波形補正」の処理を行い、CDなどの楽曲をスタジオマスターのクオリティに近づけます。

「EX-HR9」は、様々な高音質化技術を搭載するとともに、ビクタースタジオのエンジニアとともにサウンドチューニングを重ね、広い音場空間や解像度向上などを追求したハイエンドモデル。

大型のメインマグネットとチェリー材の薄板シートをウッドコーンに最適配置した異方性振動板を採用した9cm径フルレンジの1ウェイバスレフを搭載。薄さ80μに削り出して加工したボイスコイルボビンや磁気回路にはアルミニウムショートリングや銅キャップを採用するなど様々な高音質化技術を盛り込んでいます。本体部トップカバーの両サイドに高級感あふれるデザイン性と音質向上を両立するサイドウッドも採用します。

サイズ(幅×奥行×高さ)と重量は、アンプ部が280×289×115mmで4.2kg。スピーカー部が120(高さ)×264×161mmで2.2kg。価格は110,000円前後。

「EX-HR7」は、「EX-HR9」と同様にサウンドチューニングを重ねるとともに、自然で豊かな音を追求した11cm径ウーハーと2cmツィーターの2ウェイバスレフを採用した高音質モデル。

サイズと重量は、アンプ部が255×289×115mmで3.4kg、スピーカー部が149×249×262mmで4.2kg。価格は100,000円前後。

「EX-HR5」は、コンパクトな8.5cm径フルレンジの1ウェイバスレフを採用したベーシックモデル。

サイズと重量は、アンプ部が255×289×115mmで3.2kg。スピーカー部が120×246×161mmで1.8kg。価格は80,000円前後。

全モデルで共通なのは、最大出力は50W×2ch(4Ω)。再生可能CDメディアは、音楽CD、CD-R/RW(MP3、WMA)。USB端子も装備し、iPhoneやUSBメモリに保存されている音楽データを再生可能。再生可能ファイル形式はMP3、WMA、AAC。FMステレオ/AMラジオも備えます。このほか、重低音再生、BASS/TREBLE音質調整、スリープタイマーにも対応。

インターフェイスはUSB、光デジタル、同軸デジタル、音声入出力、サブウーハー出力など装備。消費電力は動作時45W、スタンバイ時0.5W以下。

リモコン、 FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、スピーカーコードが付属します。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/9406

amanatu.com

Amazonの人気商品