« SONY:ハイレゾ対応HDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」/「HAP-S1」 | トップページ | SCE:パペッティア+PS3同梱版「PlayStation 3 パペッティアパック」(CEJH-10028) 12月発売予約 »

SONY:ハイレゾ対応スピーカーシステム「SS-HA1」/「SS-HA3」

ソニーは、ハイレゾ音源に対応した3Wayスピーカーシステム「SS-HA1」と、2Wayスピーカーシステム「SS-HA3」を10月12日より順次発売します。

B00FFSAAWA B00FFSA9SA B00FFSAABG

いずれも、CD音源よりも高音質なハイレゾリューション音源に対応したアクティブスピーカーで、10月26日発売のHDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」「HAP-S1」などで利用可能。

広指向性の「WD(Wide Dispersion)スーパートゥイーター」を前面・上面の2箇所に搭載し、左右に加えて上方向にもリスニングエリアを拡げ、高音域の再生を実現。加えて、各スピーカーユニットの位置関係も、周波数特性や指向特性(横/縦)、音場の広さなどを緻密に計算して配置することで、聴く位置や高さが変化しても音色の変化が少なく、広いエリアでハイレゾ音源などの音楽をそのままの自然な音で再生します。

また、音の濁りの原因となるバッフルの回折(ディフラクション)を排除する形状を採用することで、ハイレゾ音源の音の広がりを細やかに再現可能。指向特性を改善し、自然で広い音場を実現しています。

さらにウーファーには、マイカをパルプや合成繊維を配合して発泡させ強度を高めたMRC(Mica Reinforced Cellular)振動板を採用し、低音と密度の高い中域音の再生を実現。このほか、内容積を確保するため、キャビネットには薄く剛性の高いアルミ材を採用しています。スピーカー端子は、金メッキ処理を施した大型スクリュー端子を採用。

SS-HA1の使用ユニットが130mmコーン型ウーファ、25mmソフトドーム型トゥイータ、19mmソフトドーム型スーパートゥイーター×2の3Way4スピーカー構成。エンクロージャーはバスレフ型。

主なスペックは、最大入力が100Wで、インピーダンスが4Ω、再生周波数帯域が48~50,000Hz、出力音圧レベルが86dB(2.83V、1m)。

サイズは185×312×312mm(幅×奥行×高さ)×2、重量は約4.8kg×2。本体色はシルバー。スピーカーケーブル×2本が付属し、価格は70,000円前後。


SS-HA3の使用ユニットは100mmコーン型ウーファ、19mmソフトドーム型スーパートゥイーター×2の2ウェイ3スピーカー構成。エンクロージャーはバスレフ型。

主なスペックは、最大入力は70Wで、インピーダンスは4Ω、再生周波数帯域は55~50,000Hz、出力音圧レベルが83dB(2.83V、1m)。

サイズは150×232×231mm(幅×奥行×高さ)×2台、重量は約3.1kg×2台。本体色はブラックとシルバーの2色を用意。スピーカーケーブル×2本が付属し、価格は40,000円前後。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/8950

amanatu.com

Amazonの人気商品