« 【発売日決定】Windows 7は日本でも10月22日に発売! | トップページ | ASUS:ネットブック「Eee PC」に“Seashellシリーズ”第1弾「1008HA」発売 »

マイクロソフト:インストールに失敗した情報をクリアする「Windows Installer CleanUp ユーティリティ」

マイクロソフトから、アプリケーションのインストールに失敗した情報を一旦クリアにして、再びインストールすることができる「Windows Installer CleanUp ユーティリティ」(英語版)が公開されたそうです。

windows_installer_cleanup.JPG

「Windows Installer」を使用したアプリケーションのインストールが失敗したときに、再びインストールを実行しても、エラーが出てインストールできないことがあります。そうなると、レジストリなどにゴミが残ってしまい、最悪OSの不安定につながる可能性もあります。そこで、本ソフトの出番!

窓の杜の記事より

本ソフトはもともと同社の「Microsoft Office」向けのツールだが、「Windows Installer」を利用してインストールされるほかのソフトに対しても利用可能。レジストリなどに残った古いインストール情報を一旦削除して、失敗したインストール作業を最初からやり直すことができる。
使い方もとっても簡単で、該当のソフト(複数選択可能)を選び、[Remove]ボタンをクリックすればイイだけ。

ほか、「『プログラムの追加と削除』にソフトが登録されているにもかかわらず削除できなくなったときにも有効」とあります。また、「Office 2007」には利用しないように注意が必要です。

▼ 詳細はコチラの記事で
窓の杜
「Windows Installer」の不正なインストール情報をクリアできるMS純正ツール

▼ ダウンロードはコチラから
Windows Installer CleanUp ユーティリティについて


idobata.infoの関連記事
素早くソフトをアンインストールできる「1Click Uninstaller」
1クリックでPCメンテナンスをまとめて行う統合メンテナンスソフト「Glary Utilities」


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/3730