« 自由なライセンスのアウトラインフォント「M+ OUTLINE FONTS」が教育漢字を完成! | トップページ | フジテレビ:ドラマ『ホームレス中学生』製作発表 »

首スジの寝違いを緩和する方法

朝起きて、寝違いによる首スジの痛みで一日が憂鬱というか、残念な気持ちになることってたまにありますよね。

そんな時の対処法が、NBonline(日経ビジネス オンライン)の記事になっていましたので紹介です。

その対処法としては、

例えば、首を右に傾ける時は楽だけど、左に傾ける時は少し首スジが硬い感じがする場合は、楽に傾く右の方向に対して、手のひらで軽く抵抗(傾ける方向と逆向きの抵抗)を与えつつ、首の方は少し力を加えて右に傾けようとして止める。そのまま、4秒くらい、両方向の力を均衡させる。
というもので、このプロセスを4回くらい繰り返すと、痛みが少し楽になるんだそうです。

文章で見ると複雑な工程なようですが、やってみると単純なことなので、手軽にできると思います。

また、この対処法は首スジ以外にも有効だということなので、試してみると良いかも知れません。


ネタ元
寝違いで首スジが痛いと思った時の対処法


▼Amazon.co.jp
クリニカルマッサージ―ひと目でわかる筋解剖学と触診・治療の基本テクニック

4752930722


田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編
田中 宥久子

4062140837


関連商品
田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)
田中宥久子 生きる美学
田中宥久子の体整形マッサージ
田中宥久子 美の法則
田中宥久子のビューティーダイアリー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

このページへのトラックバックURL:
http://idobata.info/cgi-bin/mt2/mt-tb.cgi/1369